HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

地域ケア会議に資する人材育成研修会 報告

9月17日(土)、潤和会記念病院において「地域ケア会議に資する人材育成研修会」が開催されました。受講者は34名でした。
内容としては四元伸成先生(藤元病院)より地域ケア会議・介護保険の動向・新しい総合事業について、濱田正貴先生(デイサービス 自由が丘)より行政との関わり・帳票書類・助言者としての接遇とマナーについて講話していただき、その後、生活不活発病モデル(1事例)を通して助言の内容等を考えるグループワークが行われました。
講話の中では、今年度より宮崎県内でも地域ケア会議が開催されている地域もあり、今後市町村ごとに特色や格差が生まれてくる可能性がある事や生活課題の分析・課題解決に対する助言者の視点やポイント、行政と地域課題についても協議していく必要性がある事等を学びました。
グループワークにおいては、地域ケア会議の模擬体験として限られた時間の中で生活課題に焦点を当て、整理し助言する事の難しさや助言内容の重要性、他職種や一般の方々に分かり易く伝える事の難しさを感じました。
今回の研修会で、利用者様一人一人、生き様が異なる事をしっかりと理解・把握し、疾患名や現状の問題だけに捉われず、利用者様の思いに対しアプローチしていく事の大切さを再確認し、地域ケア会議においても助言者として求められる知識や助言方法についてスキルアップしていけるように普段から意識して業務に望み、研修会等にも積極的に参加し自己研磨していきたいと思いました。
 企画・準備をしていただいた講師及び委員の皆様におかれましては、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

戸 友博(はまゆう園 生活介護恒富事業所)

固定リンク | 2016年09月19日【30】

日南ブロック研修会報告

さる8月27日(土)に日南ブロック研修会が日南テクノセンターにて開催されました。
当日は20名ほどの参加者がありました(ブロック員のほぼ半数です!)
 内容としては事例報告として日南市立中部病院 梅田 真成さん、谷口病院 田中 啓成さん、岡村クリニック 岡村 雅代さんの3名の発表がありました。
 その後、ブロック長の岩切 良太さんが「作業療法の最新の動向」というテーマで講義をしていただきました。
 発表では身障・精神科・老年期の分野での活動をそれぞれお話頂きましたし、岩切さんのお話も、日ごろの自分の職場の事だけでなく視野を広く持って活動する意識づけになったのではないかと思います。
 若い会員の方も気軽に参加できる身近な存在としてブロック活動は必要と思います。この研修会はそういった意味でとても意義深いものであったと思います。これからも皆さんで日南ブロックを盛り上げていきましょう!
                                 (津輪元)

固定リンク | 2016年09月11日【29】

大分県国東市での地域ケア会議視察 感想

8月25日(木)に県の長寿介護課主催で行われました大分県国東市での地域ケア会議の視察に津輪元、田中、戸並、中井、芝、一瀬の6名が参加させて頂きました。

今回の視察では、大分県、国東市高齢者支援課長、地域包括支援センター所長であります小川氏からの地域ケア会議の概要や助言の視点などについての講話と
実際の地域ケア会議見学( 3事例、1事例30〜40分程度 )をさせて頂きました。

 地域ケア会議は、利用者の「自立支援」「生活の質の向上」「生活の困りごとの解決」について、多職種の専門職の助言を元に検討していく場になります。そしてなにより多職種での会議が、ケアプランの質を向上し、利用者さんの笑顔、介護給付費の
削減に繋がっていきます。

今回の視察において、一番感じたのは、多職種協働の重要性と専門職による助言の責任の重さ、今後の高齢者支援において介護予防や総合事業、受け皿の確保が大切であるということです。また大分県は地域ケア会議の先進県ではありますが、
現状に至るまでに事業所からの苦情など様々な課題があったとのことでした。

利用者の笑顔のためには、地域包括ケアシステムの早期構築が重要です。
そのためには専門職1人1人の強い意志が必要です。
宮崎県作業療法士会は、全国一、愛のある県だと思います。
今後、早期の地域包括ケアシステムの構築に向けて、作業療法士会の結束を
深めていきたいと感じました。
                           マイ・グリーンヒル
 一瀬 純一

固定リンク | 2016年08月29日【28】

リハビリテーション専門職活用における介護予防機能強化推進事業講演会 感想

平成28年7月30日(土)、宮崎市のホテルスカイタワーにおいて宮崎県リハビリテーション専門職協議会主催(宮崎県からの委託事業)の「リハビリテーション専門職活用における介護予防機能強化推進事業講演会」が開催されました。当日はPT・OT・ST合わせて143名の参加がありました。
 内容としては岡山県津山市役所こども保健部健康増進課の安本 勝博氏の講演と、宮崎県福祉保健部長寿介護課の与那嶺 佑樹氏の行政説明がありました。
 講演頂いた安本氏は作業療法士として津山市役所に勤務される傍ら、厚生労働省の「地域づくりによる介護予防推進支援事業」の広域アドバイザーも務めていらっしゃいます。今回の講演でも、リハ専門職に対しての厚生労働省(=国)のメッセージを、笑いを交えながらの軽妙な語り口でしたが、結構辛口でお話しされました。いわく「やってあげるからの卒業を!」「短期集中・改善型の仕事をしないと生き残っていけない!」「自立支援に役立ってほしい!」「社会参加の場に必ずつないでほしい!」「生活行為課題の解決を!」など。私たちリハ専門職は、医療・福祉の場面で専門性を生かして貢献していると考えていますが、現在の地域包括ケアの観点から考えた時、行政の視点からみるとまだまだ十分ではないということだと感じました。
 与那嶺氏のお話は、県が進めている「平成28年度 ちいきの力・介護予防推進事業」の概要についての説明でした。高齢化社会に向けて、地域での介護予防事業において県のリハ専門職に対する強い期待を感じました。
 作業療法は、その専門性からみて対象者の生活を支援するということは得意分野だと思います。ただ、すべての作業療法士が自分の働いている場所から、その方の地域生活までを視野に入れて支援出来ているかと言えば、まだまだ十分ではないように感じます。第三者からみても「作業療法と言えば生活支援のプロ!」といわれるように頑張っていかないとと改めて感じた研修会でした。 (津輪元)

固定リンク | 2016年08月20日【27】

がんのリハビリテーション講座 感想

平成28年7月23日(土)、宮崎大学医学部にて「がんのリハビリテーション(以下がんリハ)講座」が開催されました。これは昨年度から「がんリハ研修会」を宮崎県で企画・開催している宮崎がんリハ研修会実行委員会が、医療関係者だけでなく、広くがん患者に関わる方達へのリハビリテーション普及を図り、がん患者の生活がより質の高いものになることを目指して企画されました。当日は医療・福祉関係者の方84名の参加がありました。今回の研修に参加してくださった 南館 幸代さんから感想をいただいています。

今回の内容として、がんのリハビリテーション概論では、リハビリテーション科医師、精神科医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の役割や関わりにおけるポイントが発表されました。他職種からのリハビリテーションへの効果が期待されている事や、患者の意欲が低下しないよう働きかけてくれていることを知り、チームでの連携があってこそのリハビリテーションだと感じました。その後のシンポジウムでは、事例(乳がん患者の急性期から終末期)を通して、病期ごとの症状や治療、各職種の介入方法、リハビリテーションの内容や目的、リスク管理など具体的にお話しいただき、直ぐに臨床で実践することが出来る内容でした。
講座の中で“日常の事ができている”ということへの関わりが大切だという事がとても印象深く残った言葉でした。機能や活動性の低下、社会の中から少しずつ関わりがなくなっていくがん患者にとって、リハビリテーションの時間にトイレに行くことや車いすに座るという日常に大きな意味があるという事です。その“日常の事ができている”という思いを最後まで一緒に共有できるセラピストでありたいと思いました。(南館 幸代さん)

宮崎がんリハ研修会実行委員会では、今後も宮崎県のがんリハの普及・啓発のための研修企画・運営を進めていきますので、興味のある方はぜひご参加ください。(津輪元)
*写真は宮崎がんリハ実行委員会のメンバーです。

固定リンク | 2016年08月20日【26】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [11]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会