HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

地域ケア会議に資するステップアップ研修会 報告

12月18日(日)に潤和会記念病院にて「地域ケア会議に資するステップアップ研修会」が開催されました。
今回は、MTDLP委員会の方々が、各市町村で始まりつつある「地域ケア会議」に参加できる人材の育成のため、初の試みとして行った研修会でした。
内容としましては大悟病院の辻美和先生による「地域ケア会議に必要な認知症の知識」として60分の講義がありました。
認知症の有病率、推移から認知症の種類、それぞれの特徴、対応を講義してくださり、大変分かりやすく勉強になりました。60分の講義時間では足りない内容をまとめてくださっており、機会があればまた研修会を開催してほしいと思いました。
私も、現在新富町の地域ケア会議に参加させて頂いていますが、認知症の分野になると「OT」という他職種の方の考えも強いようで意見を求められる場面があります。そのような状況ですので、講義はテーマの通り「地域ケア会議に必要な認知症の知識」でした。
その後、5グループに別れ事例検討が行なわれました。
デイサービス自由ヶ丘の濱田正貴先生が実際に経験された事例を通して「情報の分類シート」、ICFでの「確認シート」に情報をまとめ助言内容をグループでまとめていく作業を行ないました。グループでの討議も各グループの発表を聞いても自分では気付かなかった視点がたくさん聞かれ、有意義な時間でした。
最終まとめは藤元病院の四本伸成先生から行っていただきました。
事例の各問題点に対する的確な助言、また、「参加」の部分でのOTとしての視点の助言があり、大変勉強になりました。
辻先生もおっしゃられていたように、しっかりとした助言をしながら、本人に寄り添った、本人の気持ちを大切にしたOTとしての助言が出来るよう今後も自己研鑽していかなければならないと改めて感じました。
今後、各地域で「地域ケア会議」は開催されます。職場の協力体制は必要ですが、いつでも参加できる準備は可能だと思いますので、出来るだけ多くの皆様にこのような研修会に参加して頂ければと思います。
最後になりましたが、研修会の企画、準備をして頂きました委員の皆様、講師の皆様におかれましては本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


安藤 正徳

固定リンク | 2016年12月21日【40】

九州理学療法士・作業療法士合同学会2016 in 鹿児島 視察報告

去る、平成28年11月12日、13日の二日間、鹿児島市民文化ホールを会場に、九州理学療法士・作業療法士合同学会2016 in 鹿児島が開催されました。来年度、宮崎開催のため、その視察として参加してきましたので、簡単にですが報告させて頂きます。
視察の参加メンバーは、OT津輪元県士会長、PT中田県士会長をはじめとして、計8名でした。学会前日の金曜日より現地入りし、会場設営やリハーサルを見学させて頂きました。多くのスタッフが、最終確認で忙しそうにされていましたが、楽しそうにも見えました。
学会が開催された初日、2日目と、運営に携わるスタッフが明るくしっかりと参加者へ対応している様子が見られ、受付もスムーズに行えており、各会場も多くの参加者であふれていました(準備した椅子では、足りず急きょ後から出していた口述会場や、通路を通れないほど人に埋め尽くされたポスター発表など)。鹿児島学会運営スタッフ及び県士会員の協力が得られたことにより、気持ちの良い活気のある学会になっていたのだと思います。
来年は、「九州理学療法士・作業療法士合同学会2017 in 宮崎」が開催されます。現在、企画運営委員で会議を重ねていますが、最後は、県士会員の皆様の力を借りないと“学会”という形にはなりません。
一年後となった学会についての情報は、今後、県士会及び学会(開設準備中)のホームページを通して行いますので、気にして頂けているとありがたいです。そして、学会へのご協力のほど、よろしくお願い致します。

古賀総合病院 黒木俊光(文責)

固定リンク | 2016年11月28日【39】

第23回宮崎県理学療法学会出席のご報告

11月27日(日)に日向市中央公民館にて「第23回宮崎県理学療法学会」が開催されました。来賓としてご招待を頂き、祝辞を述べさせていただきました。
当日はあいにくの雨でしたが、200名以上の会員の参加があったとのことでした。学会のテーマは「未来に繋ぐ〜専門性の追求」ということで、演題発表も口述19、ポスター8の計27演題とボリュームのある学会でした。質疑も活発に行われていました。OTの学会とは違った趣があり、PTの人達ってこんなことを考えながら臨床に臨んでいるんだと改めて感じました。良い経験をさせていただきました。
近年は特に多職種連携の必要性が強調されています。だからこそ自分たちの専門性を再認識して、互いの強みを生かした協力ができるようにしていきたいですね。
追記:祝辞の中でOTの県学会もしっかりPRしてきました。私たちの学会もみんなでしっかり盛り上げていきましょう!(津輪元)

固定リンク | 2016年11月28日【38】

般社団法人 宮崎県歯科医師会創立100周年記念式典参加の報告

さる11月26日(土)に、宮崎観光ホテルにて「一般社団法人 宮崎県歯科医師会創立100周年記念式典」があり、ご招待を受けて式典に出席してまいりました。
式辞の中で会長の重城正敏様が現在の会員数は541名であるとお話しされていました。私たち作業療法士会も現在600名程度の会員がいますが、式典の規模や来賓の方々の顔ぶれを拝見すると、会の歴史とこれまでの県民への貢献度はまだまだ遠く及ばないなと思いました(永年会員功労者として表彰された先生は、なんと91歳で現役だそうです!)。
宮崎県作業療法士会も今後50周年、100周年と歴史を刻み、県民のために役に立てる団体に成長していけるように、皆さん頑張っていきましょう!(津輪元)

固定リンク | 2016年11月28日【37】

県南地区ブロック研修会報告

県南地区ブロック研修会 「生活行為向上マネジメントの活用」についての感想

10月15日(土)日南市テクノセンターにて濱田正貴先生(宮永内科クリニック自由が丘統括部長)より「生活行為向上マネジメントの活用」についての研修が開催されました。
内容として、高齢者の現状、医療・介護の状況、生活行為向上マネジメントの開発に至った背景・概論について分かりやすくお話していただきました。また作業療法定義の時代的変遷、作業の捉え方や作業療法の役割について再認識することができました。生活行為向上マネジメントは高齢化社会の様々な問題解決として国から期待されておりその中でもOTの役割は大きいことを知り、専門職としての責任の重大さや難しさを改めて実感することができました。「OTは心身機能だけでなく認知機能、ADL、IADL、余暇活動、環境などあらゆる面をみれることが最大の武器であり地域ケア会議で他職種へ説明、意見できないといけない」との濱田先生の言葉を聞き、生活行為向上マネジメント研修や包括ケア研修へ参加するなど普段から意識し、地域で活躍できるように地域に目を向けるとともに日々努力しなければならないと考える良い機会となりました。また生活行為向上マネジメントは地域ケア会議等で用いられるツールでもあり視点のポイントや概要まで事例を通して具体的にお話していただき、とてもわかりやすく、今後臨床の場で実践していこうと思います。
今回の研修は3時間で私自身理解できていない部分も多くあると思いますが、医療、福祉の状況に合わせた作業療法の役割や生活行為向上マネジメメント活用のポイントを学ぶことができ、時間を感じさせない充実した研修でした。

(谷口病院 宮本 加奈)

固定リンク | 2016年11月21日【36】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [11]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会