HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

平成29年度.第2回認知症アップデート研修.活動報告

 平成29年12月17日、宮崎リハビリテーション学院において、「認知症アップデート研修」が行われました。認知症の基礎知識を再確認すると共に最新の情報を共有することを目的に4つのテーマの講義がありました。

 先ずは、小川敬之先生より「世界及び日本における認知症の課題」について御講話いただきました。世界的に財政面からも国家を揺るがす大きな問題として認知症対策への重要性を改めて感じることが出来ました。認知症の社会的位置付けの変遷についても考えされられました。また留学先のアメリカでファミリーサポートが充実していることを実感された話は印象的でした。

 次に、辻美和先生より「認知症の障害の本質と認知症原因疾患への理解」について御講話いただきました。老年学から始まりDSM-5と社会的認知障害や認知症の理解に至るまで認知症を幅広く捉えた盛り沢山の内容でした。作業療法士としてまた医療従事者としてもアップデートしておかなければならない内容であり、基本の大切さを改めて感じました。

 午後からは、櫻川淳也先生より「BPSDの原因・背景及び障害構造の理解」について御講話いただきました。まずはBPSDというものを正しく理解するために総論的なところから始まり各論の中でより具体的でわかり易い内容だったので自分の頭を整理することが出来ました。家族支援の大切さは言うまでもなく各先生方のキーワードとも言えます。BPSDに対する認識が変わったという皆様の声も多数聞かれました。私自身も本内容は明日からの臨床に活かせる様々な視点を学ぶことが出来ました。

 最後に、道本純子先生より「認知症OTにおけるアセスメントとマネジメント」について御講話いただきました。認知症評価について改めて勉強できたと共にインターネットを有効に活用する具体的な方法まで教えて頂き参考になりました。また道本先生自身の経験談は当事者とその家族の立場からの現実的な心理面を感じさせられるエピソードであり非常に貴重なお話を拝聴することができ強く印象に残りました。

 今回の研修を通して、認知症の現状、認知症の人、その家族、関わりうる全ての人々や社会背景などにおいて、特に基本的な内容の重要性、更にそこから拡大する柔軟的で包括的な視点の大切さを感じ、私自身改めて大きな学びを得ました。

 日本作業療法士協会が主催する認知症OT推進委員会議を受け、協会と都道府県士会の認知症対応双方向の窓口ともなる「認知症OT推進委員」が各士会に設置されたことは皆様も良くご存知のことと思われます。これにより国、協会、各士会が相互に情報共有を行いながら認知症に関する知識や動向、現状を理解、把握することが求められ本研修の内容は刮目に値すると考えます。本研修も今回で二回目となり修了証の発行も延べ113名を数えました。皆様におかれましても本研修が日本の認知症作業療法の推進に向けた研鑽となるべく益々のご活躍の一助となることができれば幸いに思います。

協和病院 甲斐賢一

固定リンク | 2018年01月18日【49】

宮崎県歯科衛生士会主催「宮崎県自立支援型地域ケア会議研修会」のご報告

11月25日に開催された宮崎県歯科衛生士会主催の「宮崎県自立支援型地域ケア会議研修会」に参加させていただきました。
宮崎県長寿介護課の 与那嶺 祐樹氏のあいさつの後、大分県歯科衛生士会の青木 利美先生から「地域包括ケアシステムにおける歯科衛生士の役割〜地域で期待される歯科衛生士になるために〜」というテーマで講演をしていただきました。
講演の内容は、2025年問題をはじめとした現代の高齢化社会の状況の説明に始まり、地域包括ケアシステムにおける総合事業の概要、地域ケア会議の説明と続き、ケア会議における歯科衛生士の役割について詳しくお話をいただきました。
青山先生は講義の中で、多職種連携の必要性とケア会議助言者の資質についてたびたび触れながら、それを踏まえたうえで摂食・口腔衛生のプロとして歯科衛生士の専門性を発揮してほしいと話されていました。
大分県は地域ケア会議推進において、全国的にも高い実績を挙げています。その先進的なお話を他職種の立場として聞きながら、「宮崎も大分に負けないように多職種の相互理解をより一層深めていかないといけないな」と感じました。
幸いなことに、宮崎の場合は県が積極的にケア会議推進を進めてくれています。OTもPT,・STと連携してリハ専門職協議会を平成27年度に立ち上げ、ケア会議をはじめとした地域支援事業に取り組んでいます。ただ、リハ専門職が協力し合うだけでなく、歯科衛生士や菅理栄養士、ケアマネジャーなどの他職種との相互理解が進むことが、効果的な地域支援を行うためには不可欠な時代になってきています。
県内600名を超える作業療法士の皆さん一人一人が、自分の職場だけでなく「地域支援」「他職種連携」という広い視野をもっていただけることをお願いいたします。 

津輪元修一

固定リンク | 2017年11月26日【48】

臨床実習者研修(中級・上級)のご報告

9月30日(土)〜10月1日(日)に、佐賀県在宅サポートセンターにて臨床実習者研修(中級・上級)が開催されました。
内容として、はじめに少子化や養成校が増加する中、学生の学力低下や内面的な問題を抱えている生徒数の増加等、臨床実習現場で見られる事が増えてきている現状。また臨床実習指導者の若年化に伴い、経験不足の指導法による学生の実習到達点低下の危惧化の問題についての講話がありました。
これらの事に対し、臨床実習法の習得や指導の工夫が日々求められており、〆邏販屠ヽ慇犬領彎下遜指導に必要な知識と技術に関する内容、管理運営に関する内容について2日間に渡り勉強させていただきました。
講師の先生方からは、講義の中で言葉の意味が分からない生徒が多くなっており、授業がストップする現状や臨床実習現場では、教えた事についてすぐに成果を求める指導者がいる現状等の講話がありました。また、臨床実習現場での症例報告時に、発表が目的になっている報告会が増えている為、学生に気づきを促せる報告会にしてほしい点や実習指導者自身の常識を落とし込む指導者もいる事から時代に合った指導を行ってほしい点、将来作業療法士として同じ仲間になる事を踏まえて学生を育ててほしい等の講話もありました。
勉強させていただく中で、日々知識の研鑽に努め、臨機応変に柔軟をもった対応ができる出来る指導者になっていく必要性、また学生を育成していく必要性があると改めて強く感じました。次年度は大分県での開催となります。
現在、臨床実習につきましては、様々な問題を抱えており、昨年は国会でも取り上げられる等、臨床教育の在り方について考える時期になってきております。臨床実習指導のスキルアップ、講師や指導者間の交流を図る事もできますので、是非受講されてみてはいかがでしょうか?

はまゆう園 生活介護恒富事業所
戸癲〕博

固定リンク | 2017年10月17日【47】

平成29年度.第1回認知症アップデート研修の活動報告

 今回の研修会では、認知症について世界や日本での取り組みをはじめ、障害の本質やBPSDについての理解の深め方、作業療法におけるアセスメントとマネジメントという幅広い内容で、4人の講師の先生方に教えて頂きました。

 初めに小川敬之先生の「世界・日本の認知症への取り組み」についての講義では、世界においても日本においてもスティグマが大きな課題となっており、地域の住民や多くの人が認知症について知識と理解を深めることで優しい街づくりができ、一人一人が愛を持って接することが大切であるという話が印象に残りました。若年性アルツハイマーの方の「出来ることを奪って‘’出来ない人‘’としないで欲しい」という話を聞き、共感的理解の重要性を改めて知ることが出来ました。

 辻美和先生の「認知症の障害の本質と認知症原因疾患の理解」についての講義では、加齢に伴う心身の変化や、老化と認知症の違いについて詳しく学ぶことが出来ました。フレイルに関しては、健康と身体機能障害の間に位置した要支援・要介護の危険が高い状態であることや「栄養・体の動き・社会参加」が相互に作用し合っており、悪循環にもなれば良循環にもなるということを知りました。リハビリの介入によって良循環のサイクルを作り出すことが可能であることを考えると作業療法はいかに重要であるのか深く考えさせられました。また、リロケーションダメージの話では馴染みの無い場所をはじめ、対人においても混乱することがある為、信頼関係も重要であると知ることが出来ました。

 桜川淳也先生の「BPSDの原因・背景及び障害構造の理解」についての講義では、脳の構造や機能変化に伴う神経学的視点と精神的プロセスや心理視点の両面からの理解について、具体例を通して分かりやすく学ぶことが出来ました。BPSDの対応については、介入時の接し方(先行条件)によって結果が変わるという事を実際の事例を通して教えて頂き、スタッフ間での情報共有が大切であると改めて実感しました。また、本人や家族の抱える不安の背景を探り、安心の提供を行うことが大切であるということも学ぶことが出来ました。

 最後に道本純子先生の「認知症作業療法におけるアセスメントとマネジメント」についての講義では、エビデンスに基づいた作業療法を他職種に伝えることの重要性や文献検索の方法、認知症に関する評価方法について教えて頂きました。文献検索に関して、文献を読む機会が年々減っていると痛感したこともあり、認知症疾患治療ガイドラインの文献を読みました。 文献の文章の中で、‘’BPSDを問題行動と捉えるのではなく、「その人の心の表現」と解釈し、本人の意図するところ・訴えたいことを把握し、本人の立場で対応すると結果的にBPSDの軽減につながる‘’という文章が特に印象に残りました。

 私は認知症疾患医療センターである大悟病院で勤務しており、認知症の人に関わる場面が多いですが、今回の研修会を通して改めて認知症に関する知識から対応について考えを深めることが出来ました。一人の人として愛を持って接することや共感的理解を忘れずに、今後も心に寄り添うことが出来る作業療法士でありたいと思いました。

大悟病院 上西 渚

固定リンク | 2017年09月01日【46】

「第3回 宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議主催研修会(宮崎JRAT)」参加報告

平成29年3月11日12日の2日間、宮崎県総合福祉センターにて、「第3回 宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議主催研修会(宮崎JRAT)」〜災害リハの実践を学ぶ 発災したら私たちに何が出来る?〜が開催されました。
参加者は、90名を超えPTOTSTだけではなく、医師・歯科医師・保健師・介護支援専門員・行政職の方々も多く参加されました。OTの参加者は、20名であり、事前に各ブロック長にお願いしていましたので、全てのブロックから参加して頂く事ができました。
研修の目的は、災害リハについての理解を深めることはもちろん、“2次医療圏毎に顔の見える関係を作る”ことも重要視しており、グループワークでは2次医療圏毎に分かれて行われました。そして、その地域で予測されている実際(南海トラフ地震発生時)の被害想定に基づき、より具体的に、災害時にはどのような事を考え動く必要があるのかを、発災初期から復興期に至るまで期間別に分けて考え、それぞれの立場から意見交換を行いました。OTとして、避難所や仮設住宅の環境面へのアドバイスや、環境が変わったことに対する活動性が低下した方への評価や身体を動かすことのきっかけをどのように作るかなどの意見が出ていました。また、OTという枠で考えるのではなく、リハ専門職としてどのような対応を行う必要があるかを考えさせられる研修会でした。
終了後に回収したアンケートからも、「個人・病院・施設・地域それぞれの対応について考え、またディスカッションで自分が何をしなければならいのかが分かった」「各自治体との連携や、準備などが必要だな〜と思いました」「有事を想定した各専門職団体が、その対応を常日頃から検討を行う必要性を感じました」「発災を想定し、今のうちからできること(PTOTST毎、ブロック単位での連絡方法の確認、安否確認訓練やサテライトメンバーの選出、事業所リスト等)を準備していく必要があるなと感じました」など、具体的に何を今から行う必要があるのか考える機会となった参加者が多いようでした。
今回、災害リハを考える研修会に各専門職団体より参加者が集まり、2次医療圏毎に分かれて顔を合わせました。同じ地域の他職種との顔の見える関係は、平時では“地域包括ケアシステム”としても重要でもあり、その時(南海トラフ地震は、30年何内に70%の確率で発生すると言われています)においても必ず活きてきます。宮崎JRATが行う研修会は、自分自身がどのように動く事ができるのか、何ができるのかを考える事が出来る研修会だと思います。是非、来年度に計画される研修会への参加と、今後の宮崎JRATへのご協力をお願いいたします。

ブロック担当理事 黒木俊光(宮崎JRAT幹事)

固定リンク | 2017年03月21日【45】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [12]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会