HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

平成29年度.第1回認知症アップデート研修の活動報告

 今回の研修会では、認知症について世界や日本での取り組みをはじめ、障害の本質やBPSDについての理解の深め方、作業療法におけるアセスメントとマネジメントという幅広い内容で、4人の講師の先生方に教えて頂きました。

 初めに小川敬之先生の「世界・日本の認知症への取り組み」についての講義では、世界においても日本においてもスティグマが大きな課題となっており、地域の住民や多くの人が認知症について知識と理解を深めることで優しい街づくりができ、一人一人が愛を持って接することが大切であるという話が印象に残りました。若年性アルツハイマーの方の「出来ることを奪って‘’出来ない人‘’としないで欲しい」という話を聞き、共感的理解の重要性を改めて知ることが出来ました。

 辻美和先生の「認知症の障害の本質と認知症原因疾患の理解」についての講義では、加齢に伴う心身の変化や、老化と認知症の違いについて詳しく学ぶことが出来ました。フレイルに関しては、健康と身体機能障害の間に位置した要支援・要介護の危険が高い状態であることや「栄養・体の動き・社会参加」が相互に作用し合っており、悪循環にもなれば良循環にもなるということを知りました。リハビリの介入によって良循環のサイクルを作り出すことが可能であることを考えると作業療法はいかに重要であるのか深く考えさせられました。また、リロケーションダメージの話では馴染みの無い場所をはじめ、対人においても混乱することがある為、信頼関係も重要であると知ることが出来ました。

 桜川淳也先生の「BPSDの原因・背景及び障害構造の理解」についての講義では、脳の構造や機能変化に伴う神経学的視点と精神的プロセスや心理視点の両面からの理解について、具体例を通して分かりやすく学ぶことが出来ました。BPSDの対応については、介入時の接し方(先行条件)によって結果が変わるという事を実際の事例を通して教えて頂き、スタッフ間での情報共有が大切であると改めて実感しました。また、本人や家族の抱える不安の背景を探り、安心の提供を行うことが大切であるということも学ぶことが出来ました。

 最後に道本純子先生の「認知症作業療法におけるアセスメントとマネジメント」についての講義では、エビデンスに基づいた作業療法を他職種に伝えることの重要性や文献検索の方法、認知症に関する評価方法について教えて頂きました。文献検索に関して、文献を読む機会が年々減っていると痛感したこともあり、認知症疾患治療ガイドラインの文献を読みました。 文献の文章の中で、‘’BPSDを問題行動と捉えるのではなく、「その人の心の表現」と解釈し、本人の意図するところ・訴えたいことを把握し、本人の立場で対応すると結果的にBPSDの軽減につながる‘’という文章が特に印象に残りました。

 私は認知症疾患医療センターである大悟病院で勤務しており、認知症の人に関わる場面が多いですが、今回の研修会を通して改めて認知症に関する知識から対応について考えを深めることが出来ました。一人の人として愛を持って接することや共感的理解を忘れずに、今後も心に寄り添うことが出来る作業療法士でありたいと思いました。

大悟病院 上西 渚

固定リンク | 2017年09月01日【46】

「第3回 宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議主催研修会(宮崎JRAT)」参加報告

平成29年3月11日12日の2日間、宮崎県総合福祉センターにて、「第3回 宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議主催研修会(宮崎JRAT)」〜災害リハの実践を学ぶ 発災したら私たちに何が出来る?〜が開催されました。
参加者は、90名を超えPTOTSTだけではなく、医師・歯科医師・保健師・介護支援専門員・行政職の方々も多く参加されました。OTの参加者は、20名であり、事前に各ブロック長にお願いしていましたので、全てのブロックから参加して頂く事ができました。
研修の目的は、災害リハについての理解を深めることはもちろん、“2次医療圏毎に顔の見える関係を作る”ことも重要視しており、グループワークでは2次医療圏毎に分かれて行われました。そして、その地域で予測されている実際(南海トラフ地震発生時)の被害想定に基づき、より具体的に、災害時にはどのような事を考え動く必要があるのかを、発災初期から復興期に至るまで期間別に分けて考え、それぞれの立場から意見交換を行いました。OTとして、避難所や仮設住宅の環境面へのアドバイスや、環境が変わったことに対する活動性が低下した方への評価や身体を動かすことのきっかけをどのように作るかなどの意見が出ていました。また、OTという枠で考えるのではなく、リハ専門職としてどのような対応を行う必要があるかを考えさせられる研修会でした。
終了後に回収したアンケートからも、「個人・病院・施設・地域それぞれの対応について考え、またディスカッションで自分が何をしなければならいのかが分かった」「各自治体との連携や、準備などが必要だな〜と思いました」「有事を想定した各専門職団体が、その対応を常日頃から検討を行う必要性を感じました」「発災を想定し、今のうちからできること(PTOTST毎、ブロック単位での連絡方法の確認、安否確認訓練やサテライトメンバーの選出、事業所リスト等)を準備していく必要があるなと感じました」など、具体的に何を今から行う必要があるのか考える機会となった参加者が多いようでした。
今回、災害リハを考える研修会に各専門職団体より参加者が集まり、2次医療圏毎に分かれて顔を合わせました。同じ地域の他職種との顔の見える関係は、平時では“地域包括ケアシステム”としても重要でもあり、その時(南海トラフ地震は、30年何内に70%の確率で発生すると言われています)においても必ず活きてきます。宮崎JRATが行う研修会は、自分自身がどのように動く事ができるのか、何ができるのかを考える事が出来る研修会だと思います。是非、来年度に計画される研修会への参加と、今後の宮崎JRATへのご協力をお願いいたします。

ブロック担当理事 黒木俊光(宮崎JRAT幹事)

固定リンク | 2017年03月21日【45】

「平成28年度 災害時を想定した連絡訓練の実施結果報告」

去る、平成29年2月20日から2月24日の1週間を通して、県内の士会員が所属する全施設及び自宅会員の皆様に、災害を想定した連絡訓練(会員の安否確認と施設状況確認)を実施しました。
訓練の手順として、まず.屮蹈奪内連絡網を用い、メール登録施設へ「被災状況報告書」についてのメール発信を行いました。次に県士会員が所属している施設へ県士会事務局より「被災状況報告書」が県士会事務局よりFAXにて発信されました(自宅会員へは、郵送にて発信)。最後に、メールもしくは、FAXでの返信確認が出来ていない施設(自宅会員)へは、電話にての確認を行いました。以上の 銑の段階を踏みながら、より発災に近い状況を想定した訓練を本年度は行いました。
 結果、被災状況を確認出来た施設が97.7%、自宅会員は74%でした。前年度とは方法が違いますが、前年度は61%でしたので、大変に良い結果ではないかと思います。
実際の災害時には、連絡手段が一旦途絶えます。そのため、連絡手段は、出来るだけ多く持つようにといわれています。当士会では、メール、FAX、電話と、様々な手段を通して県士会員の情報や施設状況を把握し、発災時には出来うる限りの支援を行いたいと考えています。現在、すでにご存じの通り、宮崎JRAT(宮崎大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)が、宮崎県リハビリテーション専門職協議会の支援のもと、立ち上がっています。実際に支援を行う際は、宮崎JRATとも連携を図りながら決まるものと考えています。
災害時において、一番大切なものは正しい情報です。その情報も、より早く伝えることにより、対策・対応も早くなります。現在、年に1回の災害時を想定した連絡訓練ですが、是非、今後とも会員皆様のご協力をお願い致します。
最後に、今回は、皆様に参加協力して頂き、誠にありがとうございました。
次回の訓練では、皆で100%を目指しましょう。


ブロック担当理事 黒木俊光

固定リンク | 2017年03月21日【44】

西都・児湯ブロック 「まちなか地域福祉まつり2017」参加報告

「まちなか地域福祉まつり2017」に参加致しました。
今年、西都市で開催されました「まちなか地域福祉まつり2017」に初めて参加致しました。事業部や事務局より「県士会ののぼり」や「50周年記念ボールペン」「県士会のパンフレット」等の協力を頂き「作業療法の啓蒙活動」「自助具等の展示・体験」「「検査等の体験」等の準備を行い、ブロック員6名の参加のもと臨みました。
事前に会議を行いどのような内容で行なうのか話し合いましたがどのようになるか不安もありました。ですが、始まってみると参加協力して頂いた方々が積極的に声掛けやパンフレット、ボールペンの配布をしてくださり、まつりに来ていた地域の方々もブースによって頂き体験をしていただく事が出来ました。集客方法等においての課題も見つかりましたが、地域に対しての啓蒙活動も行なえ、また、ブロック員と協力関係も改めて築けた体験になりました。
次回も参加できる機会があれば今回の反省点も含め、より作業療法を知って頂けるように取り組んでいきたいと思いました。

固定リンク | 2017年03月01日【43】

平成28年度.第2回認知症初期集中支援チーム研修会報告

 今回の研修会では、4人の講師の先生方に「認知症初期集中支援チーム」について概要から事例検討まで実際の流れや取り組みを知る事が出来ました。

 講義では、初めに大悟病院の辻美和先生より「認知症初期集中支援チームの概要とチーム員の役割」について話して頂きました。なぜ認知症初期集中支援チームができたのかという部分を今後の認知症高齢者の推移から国の政策(新オレンジプラン)と流れに沿って説明して頂き、活動体制や初回訪問、アセスメントなどチーム員の役割や必要とされる事について学ぶことができました。これからの認知症ケアは、初期から早期診断・介入し、住み慣れた地域で穏やかな生活をいかに長く継続できるかという部分が重要になってくると説明を受けて改めて感じる事ができました。

 次に、協和病院の桜川淳也先生より「認知症総合アセスメントの考え方とツールの使用」について講義して頂きました。対象者の心身の状態や生活状況に関する情報収集を有効に行う事が出来る認知症アセスメント(DBD-13,J-ZBI8,DASC-21,身体の様子のチェック表)について、説明して頂きました。DASCでは、’知機能と生活機能を総合的に評価する事が出来る簡便で、短時間で実施できるなどのアセスメントの特徴や使用時に1.2と3.4の間にアンカーポイントを設定し目安にして評価するといった使用時のポイントまで詳しく教えて頂きました。また、講義の中で映像を見ながら実際にDASCを使用する場面もあり、実際に評価する事で評価方法やポイントを復習し、身につける事が出来る講義となりました。

 日南市立中部病院の岩切良太先生は「認知症初期集中支援における具体的活動」について講義をして下さいました。チームの活動内容についての説明や初回訪問時の注意点として、支援対象者の身体機能面の設問や好きなものについて話を広げると受け入れが良い傾向であるといった実際に訪問した時の話も交えながら聞く事ができ、訪問の様子をイメージしながら聞く事が出来ました。また、認知症施策推進会議の「ぽんかんの会」や地域の医療スタッフ向けの勉強会である「つわぶきの会」など日南市で行っている多くの認知症支援に医療人だけでなく地域の住民も巻き込んで取り組んでいる姿がとても印象に残る講義となりました。

 最後の講義では、九州保健福祉大学の小川敬之先生による「事例検討(グループワーク)」となりました。実際の事例を用いて事例検討を行いましたが、経験豊富な先生方の意見が飛び交うグループワークに改めて自分の未熟さや経験不足を痛感しました。しかし、普段は聞けない先生方の貴重な意見や事例の情報収集で必要な視点を学ぶことが出来ました。
研修会を通じて、実際に認知症初期集中支援チームで取り組んでいる先生方の話を聞く事でより理解が深まったと思います。自分が取り組むにはまだまだ未熟で尻込みしてしまいますが、今後の研修会等に参加し、自身も講師の先生方のような初期集中支援チームに参加できるOTになれるように精進していきたいと思いました。

橋本晃(大悟病院)

固定リンク | 2016年12月26日【41】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [11]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会