HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

平成27年度.第2回認知症初期集中支援チーム.研修会報告

「認知症初期集中支援チームの研修会を受けての感想」濱田慎也(大悟病院)

今回、吉備国際大学の京極真先生より他職種連携の質を高めるために信念対立解明アプローチを活用するコツについて、分かり易い事例やご自身の経験談などを交えながら詳しく説明していただきました。
私は、信念対立解明アプローチという聞き慣れない言葉とその内容に興味を持ち、この研修会に参加しました。講義は2時間でしたが、先生の楽しい語り口に引き込まれ、あっという間に終わった印象でした。

この講義は、信念対立は何なのかを理解した上で、信念対立解明アプローチの基本的な理論を理解し、具体的に使い方を考えていくという内容でした。
まず、信念対立と信念対立解明アプローチに関しては、信念対立はどんな工夫をしても避けて通ることは出来ない為、建設的な意見の交換が必要であるという内容でした。信念対立解明アプローチは、ー分自身の観念を排除し、今起こっている現象にだけ目を向ける。△互いの状況と目的が違っていることが多いため、それをしっかりと整理する。この2つがポイントであると話されていました。私は、これを聞いて簡単なことだと感じた反面、実際に職場で使うとなると互いの関係性の問題もありなかなか難しいのではないかと感じました。

次に、チームワークに関しては、チームを構成するメリットとデメリットの話しがありました。チームを作る約半数が上手くいかず、しかも上手くいっていると思っているチームでも実力を70%程度しか発揮できていないそうです。医療現場では、他職種の連携によるチームを作ることが多いですが、その中でも上手く機能しているチームは少ないと感じます。私達の構成するチームが不毛な対立を排除し、建設的なものに変われば、スタッフが働きやすくなるだけでなく、患者様に高品質なケアを提供することにも繋がります。チームを構成するメンバーは、自分の中の観念に捕らわれず、常にその現象に目を向けて話しをする必要があると感じました。

最後に、患者様がOTに対して持つ信念対立や経験年数の違いで起こる信念対立の話しがありました。患者様はOTが何をする人か分からず、治療に関しても効果があるのか疑問に感じており、その思いは多くの場合ストレスに変わるそうです。OTは、そうならない為にしっかりとした信頼関係を作る必要があると感じました。また、セラピストは経験年数が多いほど信念対立を起こしやすく、新人はバーンアウトになりやすいそうです。良い職場環境を作る為には、お互いにその関係性を理解し、それを認識することが必要ではないかと思いました。

今回の研修は、私自身が今までの言動を再認識できる良い機会になりました。チーム内で他職種に対して意見することは難しい局面もありますが、今回勉強させて頂いたことを念頭に置きながら建設的な意見交換行っていきたいと思います。また、この研修の内容やそこで感じた思いを職場だけでなく関わりのある様々な人に伝えていきたいと考えています。

信念対立解明ツール
http://ai.sys.wakayama-u.ac.jp/belief/

固定リンク | 2015年11月12日【18】

平成27年度.第1回「認知症初期集中支援チーム」研修会報告

「認知症初期集中支援チームと地域支援」感想(H27.9.13)押川真唯(大悟病院)

九州保健福祉大学の小川敬之先生より初期集中支援チームがなぜ必要なのか、どういった制度なのかという概要部分から、事例を用いて実際はどの職種がどのように関わっているのかという流れを講義していただきました。

認知症初期集中支援チームの概要・流れの基本的プロセスは、〜蠱未留需、⊇蕾鷁板輕問・アセスメント、チーム員会議、そ藉集中支援の実施、ゥ吋▲泪諭璽献磧偲へ引き継ぎであると一番始めに説明がありました。今回は特に相談の応需と初回家庭訪問・アセスメントについてより具体的に話を聞くことができました。

相談の応需について、各自治体の体制により異なることもあり、様々なルートがあるとのことでした。認知症初期集中支援チームへの依頼までのエピソードは、相談日・相談者・相談方法(来所・電話など)を記録に残しておき、対象者に対しては基本情報と認知症を疑う症状にいつから気づいたのか、どのようなエピソードがあったのかという情報まで聞き取りを行っているそうです。
初回訪問を設定する際に、聞き取った情報を利用し、訪問の約束を対象者と関わりのある人が調整するなど、できるだけ対象者の状況に合わせた設定ができるとのことでした。特に初回の家庭訪問時は、ご本人だけでなく家族も警戒心や拒否感が強いため、配慮の必要があるということを、小川先生自身の体験談を含めて話をしてくださったので、ご本人のペースに合わせた対応やご家族への配慮がいかに大切かということが理解できました。

初回訪問は、原則としてチーム員2名以上で訪問し、1回の訪問は約2時間以内と設定するそうです。1人が対象者と直接話し、もう1人が室内の様子観察をするなど、役割を分担してアセスメント(記録)していくのだと具体的に話をしてくださいました。
対象者の心身の状態や生活状況に関する情報収集を有効的に行える認知症アセスメントシートの紹介・説明もありました。DASC、DBD13、J-ZBI8、身体の様子のチェック、CGA-D、などそれぞれの評価内容や注意すべき項目、重要性についても細かく説明をしてくださいました。実際にモデル事業で使用し改訂されたものもあり、より簡易にそして必要な情報が分かりやすいシートになっていました。

認知症初期集中支援チームが行うべき認知症アセスメントの考え方について、早期診断・対応というものは、認知症の臨床像が複雑化する前に総合的にアセスメントするべきであり、他職種間でその情報を共有し、対象者に必要とされる支援を統合的に提供していくものであると講義してくださいました。その際に、必要であるものが支援対象者との信頼関係であり、負担なく話せるような環境や関係作りを心がける必要があると言われ、当たり前のことながら、改めて難しく重要なことであると感じました。

実際の事例の紹介もあり、具体的にどのような相談があって初回訪問に至ったのかという経緯や初回訪問時にご家族やご本人がどのような反応だったのか、医療センターやデイケア・デイサービスなどの利用に至るにはどのような過程があったのかという気になっていた部分についても聞くことができたのが一番良かったと思いました。

最後に小川先生は、社会資源をどう利用するのかというお話もしてくださいました。社会資源はどんどん発掘していくべきであり、地域と連携して役割や仲間がいるという関係性・環境を作っていく必要があると説明されました。社会資源の発掘の例として、商店街・図書館・社会福祉協議会などを挙げ、実際に村の公民館でしゃもじを作り売るという流れを作っている自治体の話をして下さりました。私の中では社会資源というものは、デイケアなどの施設くらいしか思い至っていなかったため、このお話を聞いて自分の考えの幅が広がりました。作業療法の活動の場所は自ら広げていけるのだということが分かり、まだまだ利用できる社会資源はあるのだということが理解でき、可能性は無限にあるのだなと思い直しました。

実際にモデル事業に関わった先生方の話を聞くことでより理解が深まったと思います。私自身の周りにも今回の研修について伝えていけたらと考えています。

固定リンク | 2015年09月26日【17】

平成26年度 第3回 保険部研修会 『平成27年度介護報酬改定に関する研修会』 報告

平成27年3月28日(土)宮崎リハビリテーション学院にて、平成26年度3回目となる保険部研修会を開催しました。

今回は3月に開催されました日本作業療法士協会主催『平成26年度診療報酬・介護報酬情報等に関する作業療法』研修会に、お二人の先生(中郷園 戸並桂子先生・恵寿苑 志々目麻衣先生)を派遣させて頂き、『平成27年度介護報酬改定に関する研修会』として伝達講習会を行いました。
介護報酬改定直前ということもあり、約60名の参加者が集い、熱気に満ちた研修会となりました。

研修会の前半は今回の介護報酬改定に至った経緯について説明があり、後半は訪問・通所・入所の各分野別に報酬体系や算定要件について説明を頂きました。今回の改定は減算傾向が強く、リハ業界は厳しい局面にあります。しかし、生活行為向上リハビリテーション実施加算、社会参加支援加算など、活動と参加に焦点を当てたリハビリテーションを促進する内容となっていました。また介護療養型医療施設においては、作業療法士を中心とした多職種共同よるリハビリテーションの実施が記載されているなど、活動と参加の専門家として、我々の担う役割が重要視されていることを実感できる内容でもありました。平成30年度ダブル改定に向け、結果を残せる作業療法士となれるよう研鑽に励まなければと、改めて考えさせられました。

本研修会に参加された士会員の皆様、お疲れ様でした。また、ご多忙の中、研修会への派遣と講師を快く引き受けて頂きました戸並先生、志々目先生には心より感謝を致します。有難うございました。

保険部 中井勝美(所属:延岡リハビリテーション病院)

固定リンク | 2015年04月01日【16】

みやこんじょボランティアフェスティバル2015

平成27年3月8日(日曜)

みやこんじょボランティアフェスティバル2015が南九州大学都城キャンパスにて開催されました。今年も宮崎県作業療法士会として参加をしてきました。今年度は本館1階エントランスホールにてブースを展開しました。今回の内容としましては、OTのお仕事パネル展示⊆助具展示3銅錺僖鵐侫譽奪箸療玄┃ね楡校案内ゼ遡笋悗留答 という形で実施していきました。

エントランスホールということもあり、道行く参加者の方が足をとめてパネルを眺める姿を少なからず見る事ができました。中には自助具に対して興味を持ち、使い方を詳しく聞いてくる参加者もいらっしゃいました。福祉関係のイベントということもあり、リハビリや福祉に興味を持っている方も多く、『作業療法をどこで受けられるのか?』『養成校はどうやったら入れるのか?』などの質問もいただきました。そして、リハビリを受けている当事者の方もブースを訪れていただき、自分や自分の家族が受けているリハビリについて熱く語る時間もあり、私自身学ぶ事や新しい角度から自分のリハビリを見直す機会もありました。

一緒にブースを運営してくださった事業部の皆様本当にお疲れ様でした。また、忙しい中ブースを見学に来てくださった県士会の先生方、この場を借りて改めてお礼を述べさせていただきます。本当にありがとうございました。

このボランティアフェスティバルは毎年異なる場所にブースを出させていただいています。今後も色々な場所を経験し、作業療法を啓発するうえで効果的な場所と方法を次年度でも考えていきたいと思います。毎年このイベントに出させていただいていますが、毎年色々な方や発見があります。この体験を地域や職場、県士会の皆様に貢献できるよう活かして、日々精進してまいります。

事業部 部長 和泉

固定リンク | 2015年03月09日【15】

[1]    «    7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会