HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

平成27年度 第3回九州作業療法士会長会 議事録

固定リンク | 2016年02月09日【22】

47都道府県委員会 議事

以下、添付しております
_47都道府県委員会内の班活動(案).pdf
ざ┣駟鷙_教育部(MTDLP位置づけのお願い).pdf
ザ┣駟鷙_認知症の人の生活支援推進委員会.pdf
H28年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)平成28年1月13日中医協資料.pdf

以下、ダウンロードしてください
-1協会報告_MTDLP.pdf http://xfs.jp/M7t18r
‐2協会報告_MTDLP(第5回全国推進会議).pdf http://xfs.jp/Mp49de

固定リンク | 2016年01月25日【21】

第3回他職種向け公開講座

平成27年11月7日に3回目となる他職種向け公開講座を認知症初期集中支援チームと事業部の合同で開催致しました。

講師には、現在九州保健福祉大学保健科学部作業療法学科の教授をされている小川敬之先生をお招きし、認知症の人の在宅支援(地域支援と社会資源の創生)についてお話しをしていただきました。

当日は全体で95名の参加があり、その内80名の他職種の方に参加して頂きました。
他職種名として、介護支援専門員・介護職・看護師・管理栄養士・歯科医師・歯科衛生士・保健師・社会福祉士・生活相談員・行政機関から参加して頂き、今回は団体からの参加もみられました。

講演を聴き、小さな事でも取り組みや関わり方を工夫する事で対象者の反応に変化がみられ、家族など周りに与える影響の大きさを感じました。また、対象者のモチベーションを上げる取り組みも大事だと感じました。
参加された方のアンケートには「先駆けしている人からの情報は必要だと感じた」「包括が対応しきれない場合相談できる支援チームの存在は心強い」「認知症の方だけでなく、高齢者の方の支援として様々な形のサポートがあることが参考になった」等さまざまな声が聴かれました。

今後も多くの他職種の方に参加して頂くことで、地域での作業療法士の取り組みを知ってもらい連携を深めていけたらと考えます。

今回の公開講座を開くにあたり、ご協力していただいた諸先生方、参加者の皆様本当にありがとうございました。
 

                                              事業部 早瀬 ゆきな

固定リンク | 2015年11月25日【20】

九州PTOT合同士会長会の会議議事録

固定リンク | 2015年11月18日【19】

平成27年度.第2回認知症初期集中支援チーム.研修会報告

「認知症初期集中支援チームの研修会を受けての感想」濱田慎也(大悟病院)

今回、吉備国際大学の京極真先生より他職種連携の質を高めるために信念対立解明アプローチを活用するコツについて、分かり易い事例やご自身の経験談などを交えながら詳しく説明していただきました。
私は、信念対立解明アプローチという聞き慣れない言葉とその内容に興味を持ち、この研修会に参加しました。講義は2時間でしたが、先生の楽しい語り口に引き込まれ、あっという間に終わった印象でした。

この講義は、信念対立は何なのかを理解した上で、信念対立解明アプローチの基本的な理論を理解し、具体的に使い方を考えていくという内容でした。
まず、信念対立と信念対立解明アプローチに関しては、信念対立はどんな工夫をしても避けて通ることは出来ない為、建設的な意見の交換が必要であるという内容でした。信念対立解明アプローチは、ー分自身の観念を排除し、今起こっている現象にだけ目を向ける。△互いの状況と目的が違っていることが多いため、それをしっかりと整理する。この2つがポイントであると話されていました。私は、これを聞いて簡単なことだと感じた反面、実際に職場で使うとなると互いの関係性の問題もありなかなか難しいのではないかと感じました。

次に、チームワークに関しては、チームを構成するメリットとデメリットの話しがありました。チームを作る約半数が上手くいかず、しかも上手くいっていると思っているチームでも実力を70%程度しか発揮できていないそうです。医療現場では、他職種の連携によるチームを作ることが多いですが、その中でも上手く機能しているチームは少ないと感じます。私達の構成するチームが不毛な対立を排除し、建設的なものに変われば、スタッフが働きやすくなるだけでなく、患者様に高品質なケアを提供することにも繋がります。チームを構成するメンバーは、自分の中の観念に捕らわれず、常にその現象に目を向けて話しをする必要があると感じました。

最後に、患者様がOTに対して持つ信念対立や経験年数の違いで起こる信念対立の話しがありました。患者様はOTが何をする人か分からず、治療に関しても効果があるのか疑問に感じており、その思いは多くの場合ストレスに変わるそうです。OTは、そうならない為にしっかりとした信頼関係を作る必要があると感じました。また、セラピストは経験年数が多いほど信念対立を起こしやすく、新人はバーンアウトになりやすいそうです。良い職場環境を作る為には、お互いにその関係性を理解し、それを認識することが必要ではないかと思いました。

今回の研修は、私自身が今までの言動を再認識できる良い機会になりました。チーム内で他職種に対して意見することは難しい局面もありますが、今回勉強させて頂いたことを念頭に置きながら建設的な意見交換行っていきたいと思います。また、この研修の内容やそこで感じた思いを職場だけでなく関わりのある様々な人に伝えていきたいと考えています。

信念対立解明ツール
http://ai.sys.wakayama-u.ac.jp/belief/

固定リンク | 2015年11月12日【18】

[1]    «    7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13    »    [13]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会