HOME > 県士会活動報告

県士会活動報告

最近の記事

令和元年度「認知症アップデート研修」活動報告

 令和元年9月28日に、新富町総合交流センターにて「認知症アップデート研修」を開催しました。

 今回は、日南市立中部病院の岩切良太先生、大悟病院の押川真唯先生、協和病院の櫻川淳也先生、祇園デイサービスセンターの道本純子先生、若年性認知症支援コーディネーターの生田みい子先生に講義していただきました。
 
 講義1では、「世界と日本の認知症の問題と作業療法」ということで、岩切先生にご講義していただきました。世界と、日本の高齢化の現状と制度対策についてのお話に加え、日南市の地域に根差した活動を報告していただきました。認知症予防もですが、認知症になってからも安心して生活できるよう、疾患への理解を深める活動を自治体で行われており、OTの仕事の多様性についても学ばせていただきました。

 講義2では、「認知症の障害の本質と認知症原因疾患への理解」について、押川先生にご講義いただきました。高齢者を取り巻く、身体的・精神的変化についての情報が整理され、認知症の病態についての理解が深まりました。そこから、障害だけではない、環境やその人の人ととなりへの視点の大切さを含めた視野の広さの重要性を改めて学びました。

 講義3では、「BPSDの原因・背景および障害構造の理解」について、櫻川先生にご講義いただきました。対象者の問題と思われる行動に対し、どうしてその行為に至ったか、対症療法ではない解決につながるまでの考え方について教えて頂き、それには多職種で原因について考え、情報を共有して対処していくことが大切であると学ばせていただきました。

 講義4では、「認知症作業療法におけるアセスメントとマネジメント」について、道本先生にご講義いただきました。情報収集から、評価・マネジメントまでの一連の流れをイメージしやすい丁寧な説明をしていただきました。認知症評価票のそれぞれの特徴や、使いやすさ、おすすめなどが解りやすく解説していただきました。また、普段自分が行っていることで、足りない部分を発見でき気づきの多いお話でした。

 講義5では、「若年性認知症と現状と課題」について、生田先生にご講義いただきました。受講者の中で、お仕事の内容までは存じておらず、今回お話が聞けることを楽しみにされている方が多かったです。同じ認知症でも、発症年齢が若いという事で生活の障害が多く、生田先生がその方々を見て、話してきた対象者の様子がイメージでき、自分だったらOTとしてどう関われるかと、考えながらお話を聞かせていただきました。
 
今回の研修にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。終了後のアンケートにも沢山のご意見をいただき、これからの活動に繋げていきたいと考えています。

                           西都病院 筒井瑞紀

固定リンク | 2019年10月17日【60】

平成30年度.認知症OTステップアップ研修活動報告

 11月11日(日)に宮崎県立宮崎病院にて平成30年度認知症OTステップアップ研修を開催しました。今回は京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻作業療法学講座 助教の小川真寛先生をお招きして、「認知症の人の作業に焦点をあてた評価と介入」というタイトルでお話し頂きました。

 認知症の作業療法というと回想法やバリデーション、RO、レクや手工芸、音楽、園芸ななどを思い浮かべますが、こうした手段としての作業だけでなく、時代の流れは目的としての作業の直接的利用に変遷してきているという話から始まりました。

 認知症を持つ方に対して、作業に焦点を当てた実践を行う際、その作業をどう抽出してどう可能化していくのか、作業遂行のニーズを明確にして作業遂行・参加を導くためにMTDLPやOTIPM、CPPFなどのプロセスモデルが紹介されました。

 プロセスは思考・行動過程を助けるルートマップのようなもので、自分がどこで躓いているのか振り返ることもできます。ただ認知症を持つ方のニーズを把握することや作業遂行を促進するための支援はプロセス通りに進めることが困難な場合も多くあるため、観察からの評価や家族・他職種からの情報収集、環境調整などの試行錯誤を繰り返し作業に焦点を当てた実践を行っていく必要があること、また日本作業療法士協会版の認知症の人に対する作業療法ガイドラインも紹介されました。
 
 後半は小川先生が翻訳された著書、プール活動レベル(PAL)についてお話頂きました。PALは英国の作業療法士であるPool氏が作成した認知症を持つ方への作業を基盤とした介入ツールです。まず6項目44個の質問から構成されているPAL個人史プロフィールや、9つの観察項目から活動能力を4段階のレベルに分類するPALチェックリストというもので評価を行います。その後、PAL活動プロフィールというもので対象者が活動に結び付くことを援助する実践的な手法を導きます。ここではPALについて説明しきれませんが、研修の中ではPALを用いた事例を聞いたり、実際にPALチェックリストを付けてみたりすることで、PALの使いやすさや認知症の方の作業能力をチームで共有することのイメージを持つことが出来たと思います。PALは認知症のある方への作業の参加を導く補助的なツールであり、対象者の興味や能力に応じたテーラーメイドの作業を利用することに有用である、とまとめられていました。評価はPALだけではありませんが、私自身は今回PALを学び、感覚的で曖昧な表現になりがちだった作業能力の部分の情報が整理され、またチームでの情報共有の参考にしてみたいと思いました。

 今回のステップアップ研修は54名の方にご参加いただきました。講師の小川先生、運営に携わられた先生方、前日からの研修や懇親会にご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。(小池晶子)

固定リンク | 2018年11月28日【59】

みやざき健康ふくしまつり2018のご報告

11月に入り、いよいよ肌寒くなってきましたね。
さて、事業部では毎年開催されているみやざき健康ふくしまつりに啓発活動の一環として今年も参加してきました!野崎病院さんと古賀総合病院さんにご協力頂き、日頃患者様たちが作成している陶芸、裁縫、エコクラフトなどの作品を出品し、たくさんの来場者の方たちが作業療法士会のブースの前で足を止めて下さいました。天候にも恵まれ、小春日和のもと患者様の作品を通してたくさんの方と作業療法士が交流する良い機会となりました。
 来場して下さった皆様、ご協力頂いた施設の皆様ありがとうございました。

事業部 前田 

固定リンク | 2018年11月08日【58】

平成30年度 認知症アップデート研修活動報告

 平成30年9月2日、「認知症アップデート研修」が行われました。研修は4つのテーマの講義がありました。
 
 先ずは、岩切良太先生より「世界と日本の認知症の問題と作業療法」について御講話いただきました。世界的に財政面から国を揺るがす問題として認知症対策の重要性を改めて感じました。また、認知症初期集中支援チームの一員として関わらせていただいている中で、作業療法士の強みや特色を生かして関わることの大切さを改めて学ぶことができました。

 次に、辻美和先生より「認知症の障害の本質と認知症原因疾患への理解」について御講話いただきました。老年学やDCM–5と社会的認知障害、せん妄と認知症など幅広く学ぶことができました。また、認知症の評価と特徴についても学ぶことができ、作業療法士としての視点を持つことや基本の大切さを改めて感じることができました。

 午後からは、桜川淳也先生より「行動・心理症状(BPSD)の原因、背景および障害構造の理解」について御講話いただきました。BPSDの基礎知識を整理することができました。認知症の方のニーズを満たすために本人からの情報だけでなく、ご家族からの情報も確認することの大切さや妄想は家族介護者の負担感が強く、家族に対するケアの重要性も学ぶことができました。

 最後に、道本純子先生より「認知症作業療法におけるアセスメントとマネジメント」について御講話いただきました。認知症評価やアセスメントシートの作成などについて改めて学ぶことができました。また、道本先生自身の経験談は当事者や家族の思いを感じさせられるエピソードであり、とても印象に残りました。

 今回の研修を通して、認知症の基礎的な知識や評価の重要性、作業療法士としての視点を持つことの大切を学ぶことができました。現在、認知症初期集中支援チームの一員として関わらせていただく中で、作業療法士としてできることを考え、今回学び得たことを生かしていこうと思います。
日南市立中部病院 梅田真成

固定リンク | 2018年09月27日【57】

「現」助言者向け研修会(県北)のご報告

8月19日(日)に財光寺包括支援センターにて「現」助言者向け研修会(県北)が開催されました。
今回の研修は、各市町村にて実施されている地域ケア会議に助言者または今後助言者として参加を予定されている先生方を対象に開催され、32名の先生に参加していただきました。
内容として、午前中は金子茂稔先生(株式会社 未来図labo)より「OTは地域ケア会議で何を求められているのか?」をテーマに講義していただきました。
講義では、なぜ自立支援会議が必要とされているのかまたmicroからmacroでのアプローチをしていかないとこれからの高齢者社会を支えていけない現状や地域の実情に合った総合的な戦略、人と人の繋がり方やその仕組みをデザインするコミュニティーデザインが必要である事についてお話していただきました。
また事例を通し、アドバイスさせていただく上での重要項目についての確認やサービスを利用されている方への効果の出るリハ量(運動量)が足りていない現状についてのお話もしていただきました。
午後からの有村正弘先生(活きがい発電所)の講義では、実際の市町村のケースを通しての個別ワーク・グループワークを行っていただき、助言内容についてのフィードバックを行っていただきました。助言する際のポイントとして優先順位をたてて3つまでに絞って助言させていただく事や明日から出来る事を考えての助言方法等ディスカッションさせていただく事で新たな気づきを得る事ができました。
現在、県北地区ではほとんどの市町村でケア会議が開催されております。
各市町村の社会資源を活かした助言等色々と悩む事もありますが、その地域での特色を活かし利用者様の生活を支えられる助言を行えるように今後も研修会等を企画また会議にご参加していただいている先生方と話し合いながら、県北より宮崎県を今以上に笑顔あふれる元気な県にしていけるようにしていきたいと思います。
尚、9月15日(土)には都城市(都城医療センター)にて2回目の研修が開催されます。
講師の先生やケア会議に参加されている先生より色々な情報を得る絶好の機会です。
奮ってご参加の程よろしくお願い致します。
最後になりましたが、講師の有村先生、金子先生、当日運営にご協力いただいた先生方、研修会にご参加していただいた先生方、お忙しい中本当にありがとうございました。
県北地域包括ケアシステム推進部(佐野・一瀬・前田・戸)

固定リンク | 2018年08月28日【56】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [12]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会