HOME > 作業療法士ファイル

作業療法士ファイル

同じ作業療法士でも、作業療法士になろうと思ったきっかけや職業感、興味を持っていることは様々。作業療法士の生の声を感じてください。

最近の記事

作業療法士ファイル 014 後藤孝広さん

「出会った人に笑顔を」

私は、西都市の畑に囲まれたのどかな環境にある介護老人保健施設で働いています。その施設には、入所して生活をされている方が80名、日中自宅から通って来られる方が50名いらっしゃいます。

私は主に入所して生活をされている方へ作業療法を実施しています。少しでも体の動きが良くなるようにするための練習はもちろん、生活環境やご使用になる道具の調整を行ったりもします。例えば、利用する方の体の状態に合わせて車椅子やクッションを選んだり、調整したりします。そうすることで、良い姿勢で座れるようになったり、オシリの痛みが和らいだり、自力で車椅子を動かせるようになったりというような効果を生み出せます。また、お部屋で移動がしやすいように移乗バー(手すりのような役割を果たすもの)や滑り止めマットを設置したり、その方に合った靴を提供することで歩行しやすいように調整したりすることもあります。生活環境やご使用になる道具の調整はとても有効なことと実感していますし、作業療法士の大きな役割だと思っています。

また、最近では入所されている方と調理活動や創作活動にも取り組んでいます。まだ始めたばかりではありますが、活動を通して入所の皆さんの普段とは違う一面や笑顔を見ることができ、私自身「やってみて良かったなぁ」と感じています。私のモットーは「出会った人に笑顔を」です。人を笑顔にするということは、笑顔が生まれる「雰囲気を作る」ということです。その場に笑いが起こると良い雰囲気に変わり、良い雰囲気の中で作業療法を行えば、やる気や利用者の良い面が引き出されます。ですので、環境や道具の調整、調理活動の提供など通して、一人でも多くの方を笑顔にしていきたいと思います。

私は高校三年生の時、担任の先生から作業療法士という職業があることを聞き、作業療法士養成校に進学することを決意しました。卒業するまでの三年間で、「自分は作業療法士としてやっていけるだろうか」「自分に向いているのだろうか」と考えたことがあります。しかし、今では利用者の皆様の笑顔のおかげで作業療法士を続けている自分がいます。笑顔が循環する職業「作業療法士」は、とても魅力的な職業だと日々感じています。

固定リンク | 2012年01月03日【15】

作業療法士ファイル013 菅 真さん

笑顔の輪を作る作業療法

私は、小林市でちょっと小高い丘にそびえ建つ、一見ホテルのような雰囲気の漂う精神障害領域の病院で働いております。病床数は261床で、180床は療養病棟、81床は一般病棟となっています。また、当院には重度認知症デイケア(マロニエの丘)、精神科デイナイトケア(たんぽぽ館)が併設され、さらに訪問看護にも作業療法士が同行しケアを行っています。(内村病院 http://www.uchimura-hospital.jp/ )


第1章:出会い「人間臭さを感じて…」
時をさかのぼること、15〜6年前(当時23歳)に作業療法に出会いました。きっかけは彼女(現在の妻)の紹介で作業療法士の先生に出会ったことでした。「作業療法の助手やってみない?」と話を頂き、すぐに飛びつき、作業療法と同時に精神障害について知ることになったのです。
当時『人間』にあまり興味を抱かなかった私ですが、作業療法助手を務め精神障害の方たちに接していく中、あることに気づかされました。「何と『純粋で一途』なんだ!?何か『人間臭い』…故に社会に適応できない?」精神科の知識を持たない、私の気づきでした。そして『人間』に興味を持ち始めたのでした。

第2章:共に考え寄り添いたくて…
気がつくと、助手として務めて約8年の歳月が流れておりました…。その間病院とは「人が生きるところであり、同時に終焉を迎えるところでもある」という事を学びました。
精神科領域に入院している方は、様々な事情で病院にて終焉を迎える方も少なくありません。助手としての約8年の間に終焉をむかえた方の事を思うたび、「僕は何もできなかったなぁ〜」と無力さを感じそして助手という立場でしか接することのできない憤りを感じ、ついに「経験だけは…!絶対!!作業療法士になってやる!!」と心に誓い、終焉を迎えるまでにより良い生き様を共に考え寄添いたい!と思うのでした。

第3章:とどのつまりは…笑顔!
作業療法士となって4年目ですが…患者さまや、利用者さまの障害や未来を考え「生きがい」にも注目しこれからも邁進していくのですが、今の私の「生きがい」は、やはり『笑顔』!私と接していただく方々が『笑顔』になることが、今の私の「生きがい」です。そして、その「笑顔」は他の誰かを「笑顔」にし…パワーを受けたり、注いだりして次の『笑顔の輪』となるのです。
 

固定リンク | 2011年06月25日【13】

作業療法士ファイル012 新甫恵美さん

 私が作業療法士を目指したいと思ったのは、高校3年生の頃でした。当時私は、全寮制の学校に通っており、親元を離れて寮生活をしていました。寮生活では、友人と共に過ごすことで、他人の体調の変化を気遣うことが出来たと思います。体の不調だけでなく心の不調を訴えるケースが多く、健康には「体の健康」と「心の健康」があると感じました。そして、目に見えない「心の健康」に関心を持ちました。母親が保健師であることも影響して医療系の職業につきたいと考えていた私は、本を読んで作業療法士という職業を知りました。作業療法は、精神科でのリハビリテーションが発端で始まった職業であることを知り興味を持ちました。そして、作業療法士の養成校の一つである名古屋大学への進学を決めました。
 大学では、作業療法に関する勉強はもちろんのこと、語学等も学ぶことができました。他学部の友達ができたり、アルバイトも行うなど、自分にとってよい刺激が沢山あったと思います。大学4年の時には、病院での実習がありました。実習では自分の知識や技術のなさを痛感し、こんな自分が作業療法士として働くことが出来るのだろうかと不安に思いました。また、患者様の体や能力をみるだけではない作業療法についてよく理解できませんでした。就職する前に病院を見学させてもらった時、作業療法士の方に「私たちは訓練を行いながらその人の気持ちや生活環境、生き方など目に見えないものを見ている」という話をしていただく機会があり、とても感動しました。そんな考えを持っている方が働いているところで自分も働きたいと思いました。
 現在私は、地元である宮崎県都城市で作業療法士として働いています。患者様のこれまで歩んできた人生を知り、これから歩んでゆく未来を創造することは難しいことですが、先輩方に指導をしてもらいながら仕事をしています。自分の知識不足を痛感し、日々勉強することが大切だと感じています。楽しいことばかりではありませんが、患者様の笑顔を見られた時や自分が力になれたと感じられた時はとても嬉しい気持ちになります。これからも患者様の未来について共に考え、患者様に信頼される作業療法士を目指していきたいと思います。

固定リンク | 2011年06月24日【14】

作業療法士ファイル011 山本奈瑠実さん(出身高校:宮崎県立日南高等学校)

病気や怪我でリハビリをされる患者様の中には、「運転はできるのだろうか?」と不安になる患者様・ご家族様が少なくありません。
公共交通機関が不便な宮崎において、自動車運転ができなくなることは大変な問題です。仕事に行けなくなると生活に関わりますし、好きなところにいけないと色々なことを我慢しなくてはいけません。作業療法士はそのような方に対し、自動車運転の再開に向けた支援もおこなっています。
作業療法士は、はじめに体の動きが運転に影響ないかを判断します。乗車は可能か?ハンドルは回せるか?アクセルは踏めるか?それが難しければ、シート、ハンドル、アクセルなどの装備を改造する提案をしていきます。
また脳卒中という病気では、体の麻痺(マヒ)に加え、物事に集中できなかったり、気が配れなかったりといった「高次脳機能障害」という症状が出現することがあります。この「高次脳機能障害」は一見回りの人からも気付かれにくいのですが、運転の安全性に関わる重要な事です。ですので、作業療法士は注意力や判断力について検査をして、運転が可能かどうか慎重に判断しなければなりません。患者様の状態によっては、病院での検査に加えて、地域の自動車学校にお願いして、実際に自動車を運転して検査をおこなうこともあります。そこでは、自動車学校の教官とともに、私たち作業療法士も同乗して、安全に運転ができるかを検査していきます。検査結果は、本人にお伝えするとともに、病院の主治医に報告し、免許センターへの相談を勧めたり、必要であれば改造車や制度についても紹介します。そのような過程を経て、退院した患者様がご自分で運転されてどこかへ行ったよ、という話を聞くととても嬉しくなります。
病院の中でのリハビリだけでなく、退院した後患者様がどのような生活を送られるか、を考えての支援することも病院で働く作業療法士の大切な役割です。

固定リンク | 2011年05月08日【12】

作業療法士ファイル010 野田 亜沙美(出身高校:宮崎県立日南高等学校)

私の勤める病院は、病気や事故で身体が不自由になった方が主に入院されています。患者様の中には、今まで当たり前のように行ってきたこと(作業)ができなくなり、「何かしたい」というような意欲がなくなってしまう方もいます。作業療法では、患者様の日常生活上の作業に密着して、患者様が最大限の能力を発揮してできることを見つけ出し、意欲的に自分らしく生活を送れるようにお手伝いしています。

私が作業療法士を目指したきっかけは祖父母の影響です。私が物心ついた時には、祖父は言葉も話すことのできず、右手足の麻痺があり、車椅子生活を送っていました。祖父と話した記憶はなく、車椅子に乗り、縁側で日向ぼっこをしている印象しかありませんでした。日常生活には重い介助が必要で、自宅へ退院して約十数年もの長い間、祖母が介護を続けていました。そんな祖母が『おじいちゃんは一人で車椅子がこげるし、ご飯も食べるし、笑うようになったね』と嬉しそうに幼い私に話してくれました。その言葉を思い出すたびに、介助が必要でもリハビリを頑張りながら祖母と一緒に過ごせた十数年が、祖父にとって自分らしく生活できた時間だったと思っています。自分らしく生活することの大切さを祖父母が教えてくれたのだと思います。そして私は、祖父が一人で車椅子をこいだり、左手での食事ができるようになったのが、作業療法のおかげだった事を知り、いつの間にか作業療法士になることを決意していました。

私のパワーの源、それは患者様の笑顔です。患者様から『こんなことがしたい』というような希望を聞くと『よし、私(作業療法)の出番だ!』と思います。どんな些細なことでも患者様が自分でやりたいと思ってくれたことは見逃さず一緒に挑戦したいと思っています。どのような方法で実施したらよいか、またどんな道具があればもっと楽にできるのか、患者様と共に悩み、できるようになった時の患者様の笑顔は私のパワーの源です。

自分らしく日常を送る第一歩になるようにお手伝いができるのが作業療法です。また患者様と一緒にステップアップできる素晴らしい職業だと思います。これからも、患者様と共に歩んでいける作業療法士を目指して日々頑張っていきます。

固定リンク | 2011年05月08日【11】

«    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6    »    

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会