HOME > 新着メッセージ

新着メッセージ

最近の記事

平成28年度 第2回地域包括ケア推進のための市町村等担当者会議

5月24日(火)に宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館で、宮崎県長寿介護課主催の「平成28年度 第2回地域包括ケア推進のための市町村等担当者会議」が開催されました。参加者は各市町村の担当者、包括支援センターの代表者、それにケア会議での助言者として期待される専門職種の代表者などで、作業療法士の立場で私と金子 茂稔事務局長が出席しました。
内容は、平成29年度から本格的なスタートが予定されている地域ケア会議に各市町村がどう準備・対応をしていくかを検討することを目的としたものでした。
長寿介護課医療・介護連携課室の担当者の方から地域包括ケアシステムの概要や地域ケア会議の必要性について説明があった後、参加者が圏域ごとに10のグループに分かれ、地域ケア会議を開催していく際の地域ごとの課題や、解決方法について話し合いました。最後にPT,OT,ST,管理栄養士、歯科衛生士といった専門職が、それぞれの立場から地域ケア会議での助言についての考えや方法論についてプレゼンテーションを行いました。作業療法士の立場からは、金子事務局長が入浴動作を例に、具体的な助言方法をわかりやすく参加者に伝えてくださいました。
 宮崎県の場合、都城市や新富町のように、すでに地域ケア会議をスタートさせているところもありますが、多くはまだ試行錯誤の段階にあるようです。ただ、今年度中には多くの市町村が会議をスタートさせることが予想されます。私たち作業療法士も知識の研鑽に努め、適切な助言ができる人材を育成する必要を改めて感じました。そのためにも、皆さん県士会で企画する生活行為向上マネジメント研修や地域ケア会議研修に参加してくださいね。
(津輪元)

固定リンク | 2016年05月25日【42】

平成28年度第1回47都道府県委員会

4月23日〜24日に開催されました平成28年度第1回47都道府県委員会で使用いたしました資料データを配信させていただきます。
下記URLよりダウンロードいただけると幸いです。(ダウンロード期限5月4日)

http://firestorage.jp/download/59ee733a0c1e770afdc7e9d0bdaccafb76bfdcb2

固定リンク | 2016年04月29日【41】

災害ボランティア派遣員へのご協力について(お願い)

会員各位
            平成28年4月17日

一般社団法人 宮崎県作業療法士会
会  長 四本 伸成


会員の皆様、日頃より一般社団法人宮崎県作業療法士会の活動にご協力いただき誠にありがとうございます。
さて、4月14日より熊本県から大分県にかけての地震災害が続いていることはご承知のことと存じます。この度、大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JAPAN REHABILITATION ASSISTANCE TEAM:JRAT)から災害ボランティア派遣員の養成がございました。JRATには一般社団法人日本作業療法士協会が所属しておりますので、都道府県作業療法士会も所属しております。
 4月14日、熊本県大規模地震に災害救助法が適用されたことを受け、翌日4月15日に東京都港区PT協会田町カンファレンスルームを拠点としてJRAT対策本部が立ち上がり、あわせて熊本JRATが活動を開始しました。
 更に、4月16日、熊本JRATから宮崎JRATへ正式に支援派遣要請の依頼がありました。4月16日10時に宮崎JRAT本部を設置。設置場所は宮崎PT事務局、宮崎市霧島2ー62ー2です。事務局には常時、スタッフが待機しています。現在、宮崎、鹿児島のJRATメンバーが現地に向かいました。宮崎からは熊本JRATの本部機能のサポート目的に、中部病院の鈴木Drと山下PTが行かれました。
宮崎県POS各士会には派遣要請の体制調整をお願いしたいと宮崎JRATから連絡を受けています。
リハの視点からの廃用症候群予防、環境調整等目的の派遣依頼がきます。
OTとしての具体的支援として、例えば、
【避難所の環境整備・環境調整】
 ・つまずき防止のための補正
 ・日常生活関連動作の動線を考えた床上配線整理
 ・風呂やトイレの手すり設置、滑り止めマット設置    など
【生活不活発病の予防】
 ・活動性や興味関心を引き出す作業(体操、手工芸、屋外散歩など)の実施
 ・交流団欒スペース、図書スペース、子供スペース等の確保設置
 ・一日のスケジュール作成などメリハリのある生活リズムの促進     など
【避難所および在宅・仮設住宅における身体機能が低下した高齢者・障がい者への個別対応】
 ・身体状況、各種疾患、症状の確認、評価、リハビリテーションニーズの把握とリハビリテーションの継続
 ・ADLの低下に対する日常生活動作支援
 ・杖、靴の歩行補助具、腰痛ベルトなど関節保護具のニーズ調査、用具の提供と適合
 ・車椅子調整、ベッド調整、カットアウトテーブルなどの作成     など
【避難所および在宅、仮設住宅における精神機能が低下した高齢者・障がい者への個別対応】
 ・統合失調症者の不安解消および現状把握のための相談と支援
 ・うつ病者の生活状況の聞き取りと支援
 ・生活不活発病者、抑うつ傾向者に対する心身的ケアと役割提供    など
が考えられます。
 JRAT宮崎に参加されたい方は、災害派遣登録(1).pdfにご記入の上、桜川淳也先生のメールjboy7kyouwa@gmail.comまで返信してもらうようお願いします。
 現時点では派遣の日時や場所等は未定です。移動方法等も含め、登録後に調整することになります。
まず、派遣に関しては、当然勤務先の承諾が必要になります。JRAT宮崎に参加されたい方は、勤務先にお伝えし事前に準備しておいてください。公文書等が必要な方は災害派遣登録(1).pdfにご記入ください。保険等に関してはJRAT本部での規約があると思いますが、今は分かりません。
 会員の皆様、ご勤務先のご都合がございますので、行きたい気持ちは十分に分かりますが、ご無理のないようにご判断いただければと思います。士会活動へのご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

固定リンク | 2016年04月19日【40】

生活行為向上推進プロジェクトニュース

■協会やプロジェクトの動き
2月の会議、研修修了者数(1月末現在)
■プロジェクトからの連絡
1.応用開発班 チームから

2.養成校教員向け生活行為向上マネジメント研
修会を終了して
3.推進連携チームから
MTDLP関係メディア,雑誌情報
4.協会事務局からのお知らせ
Q&A集を掲載します
∋務連絡
5.生活行為向上リハビリテーション実務者研修会を開催しました
6.生活行為向上マネジメント特設サイト 開設・運用状況報告

固定リンク | 2016年03月03日【39】

生活行為向上マネジメント推進プロジェクト特設委員会からの情報発信 生活行為向上推進プロジェクトニュース

目次/平成28年1月号(No.9)

■重要なお知らせ
 
■協会やプロジェクトの動き
1.研修修了者数(12月末現在)
■プロジェクトからの連絡
1.応用開発班 チームから
2.養成校教員向け生活行為向上マネジメント研修会を終了して
3.推進連携チームから
MTDLP関係メディア,雑誌情報
4.協会事務局からのお知らせ
Q&A集を掲載します
∋務連絡
5.宮崎県士会 当院での取り組み

固定リンク | 2016年01月28日【38】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [9]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会