HOME > 新着メッセージ

新着メッセージ

最近の記事

地域包括ケアシステム、生活行為向上マネジメント関係資料

MTDLP6月号

固定リンク | 2015年07月14日【32】

活行為向上マネジメント推進プロジェクト特設委員会からの情報発信 生活行為向上推進プロジェクトニュース 平成27年3月号

添付資料ご参照ください!

固定リンク | 2015年03月04日【31】

通所リハ:生活行為向上リハ加算関係について

2月6日に給付費が出されましたが、「生活行為向上リハビリテーション加算」についての質問が多く寄せられています。以下は、2月14日に行われた47都道府県委員会(仮称)のキックオフ会議ですでに士会長の皆様には伝達された内容です。それを推進委員はじめプロジェクトの皆様には少し整理して配信させていただきます。あくまで現時点でお答えできるまでとしましたのでご確認下さい。
解釈通知は今日現在出されておらず、いつ出るかも未定です。


Q1:「専門的知識若しくは経験を有する作業療法士」とは?
A:厚労省からの解釈通知が発出される予定です。それまでは何一つ言及できません。
一方で、厚労省からはOTにはMTDLPをしっかりと実践できるようになって欲しいと強い要望が出されており、熟練者養成のプロセスをきちんと踏まえておくことが必要であります。
特に、模擬事例による演習は必須であり、自事業所での自身のケースでの実践がポイントです。
従って粛々とMTDLPを各士会で進めておくことが重要です。

Q2:「生活行為向上リハ加算の算定要件のための研修」がある?
A:この加算の算定は事業所に一人要件を満たす職種が要れば算定が出来ます。
それに伴い、厚労省がリハ関連の団体にPT・OT・STの三職種を対象とした研修の委託をすることが決まっています。
3月中には第一回の研修会が開催されるようですが、参加要件は、事業所の管理者の推薦者となりますので個人エントリーはできません。どの職種が研修会に参加して要件を満たすとしても、事業所全体が「活動と参加」に向けたサービス環境が整うと考えれば、OTとしては本来の作業療法を実践しやすくなります。
そのためにも、粛々とMTDLPを各士会で進めておくことが重要です。


プロジェクトリーダー 土井 勝幸

固定リンク | 2015年02月21日【30】

生活行為向上マネジメント推進プロジェクト特設委員会からの情報発信―生活行為向上推進プロジェクトニュース

目次/平成26年12月号(No.1)

■協会やプロジェクトの動き、国の動き
1.「生活行為向上リハビリテーション」について
2.士会研修参加者名簿提出のお礼 
3.26年度12月〜3月のプロジェクトの活動
4.制度情報 

■プロジェクトからの連絡
1.学術対策チームから 
〇例報告の手引き作成中
協会ホームページ生活行為向上マネジメントの大幅改訂
職能対策チームから
…敢妻鷙陲里礼
∀携システム2014の運用についてのお願い
  MTDLP関係メディア、雑誌情報

■推進!北から南から
・青森士会 
・茨城士会

※詳細は、添付資料をご参照ください。

固定リンク | 2015年01月15日【29】

日本作業療法士協会作成ムービー【二本の傘】

あらすじと解説

雨の中、二本の傘を握りしめて家を飛び出す裕之。家族の懸命な捜索の中、握った傘をさすこともなく、ずぶ濡れになり警察に保護されていました。「もう人に迷惑かけないで!」思わず大きな声を出してしまった妻の静江。

認知症という病は、本人にも介護する家族にも大きな混乱と不安をもたらします。様々な職種が連携しながらサポートする事が必要とされる認知症という病。

そのひとつの職種「作業療法」の観点から認知症の人が置かれている状況を「脳の障害」「環境」「人生史」で整理していきます。雨に濡れながらもしっかりと握りしめられていた二本の傘。その傘にはどのような想いが込められていたのでしょうか。認知症を患ってもなんら変わることのない人に寄せる思い、優しさに触れてみてください。


https://www.youtube.com/watch?v=OXsi0VFSG0I

固定リンク | 2014年08月28日【28】

[1]    «    11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会