HOME > その他の研修会(県内)

その他の研修会(県内)

最近の記事

平成27年度宮崎県災害派遣精神医療チーム (DPAT)構成員研修会

平成27年度宮崎県災害派遣精神医療チーム (DPA丁)構成員研修会
これまでのΠいのケアチーム」に関する課題が整理され「DPA丁」と名称が変わり、活動 理念や枠組み、平時の準備、活動内容等が明らかにされました。厚生労働省においては、DPAT 先遣隊研修を随時開催していますが、昨年度からは、本県において県内のDPA丁構成員とな り得る職員G音神科医、看護師、業務調整員、保健師、薬剤師、精神保健福祉士、理学療法士、 作業療法士、臨床心理士等)を対象に、DPA丁 構成員研修会 (DPAT先遣隊研修ではない ) を開催しています。 今回の研修では、DPA丁 についての基本的知識や現状を学び、また、災害時における基礎 的な矢0識 (被災者に起こりうる心身の反応や支援者のメンタルヘルス等)を学びます。是非、 ご参加<ださい。

1 日時 平成28年3月 16日 (水)午 後1時〜午後4時30分 (受付:午後12時30分〜 )

2 場所 宮崎県総含保健センター 5階大石 用1狂 宮崎市霧島1丁目1番地20Aア ズムホール西倶」 )

3 内容 講演内容及び講師
13:00-13:50 「災害派遣精神医療チーム (DPA丁 )と1詢 松田 裕 所長 (宮崎県精神保健福祉センター)
13:50-14:20 「宮崎県におけるDPAT体 制について」 益留 真由美 冨」 主幹 (宮崎県福祉保健部 障がい福祉課)
14:30-16:30 「災害時のこころのケアとは」 加藤 寛所長 (兵庫県こころのケアセンター ) *研修受講者 (途中退席除<)には修了証が発行されます。

4 対象 精神科病院・保健所・市町村で、DPAT構 成員になる覗 ヨ性のある職員や、災害0寺 の心のケアについて学びを深めたい方。

5 申し込み 平成28年2月24日 (水)までに、別紙にてお申し込み<ださい。

6 その他 会場の駐車場には限りがありますので、できる限り公共の交通機関をご利用<ださい。

固定リンク | 2016年02月09日【97】

NHKハートフォーラム「発達障がい児の感覚面の アセスメントと支援」

◆プログラム◆
ハートフォーラム
 発達障がいの人たちにとって、感覚の 問題は大きな問題です。周りの色んなこ とに過敏になったり、反対に鈍感だった りします。しかし、目に見えないことで、 本人の困り感が周囲の人からの理解がな かなか得られないのが現状です。今回、感覚問題に焦点を当てて、本人 の困り感にどう寄り添えばいいのか、理 解すればいいのか、皆さんと考えたいと 思います。

●テーマ『発達障がい児の感覚面のアセスメントと支援』

●講 師
岩 永 竜一郎 先生
長崎大学 准教授 長崎市出身 現職:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 保健学専攻 理学・作業療法学講座 准教授 (長崎大学医学部保健学科作業療法学専攻 兼任) 学歴:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(博士課程)修了 学位:医学博

〈日時〉平成28年 3月27日 13時〜15時(開場12時20分)
    講演会は、13:15〜14:45
〈会場〉 宮崎市清武文化会館
※保育設備等は準備致しませんのでご了承ください。
※駐車場はありますが、なるべく公共の交通機関でお越しください。

〈主  催〉 〈後援予定〉
NHK宮崎放送局・NHK厚生文化事業団九州支局・宮崎LD発達障がい親の会「フレンド」 宮崎県・宮崎市・宮崎県教育委員会・宮崎市教育委員会・宮崎県発達障害支援センター、宮崎県作業療法士会 宮崎県社会福祉協議会・宮崎市社会福祉協議会
宮崎市清武町西新町6番地5 TEL0985-84-0181

※お申し込み詳細は別紙のとおり

固定リンク | 2016年02月08日【96】

『 排泄ケアのABC in日向 』

気持ちよい排泄ができていますか? 気持ちよい排泄のケアができていますか?
排泄にお困りの方も、介護や医療に携わる方も、いっしょに排泄ケアの基礎知識とアセスメントを学びましょう。
           
平成28年4月23日(土)〜4月24日(日) 2日間
午前9:00〜午後4:00 (受付8;30〜)
会場:日向市立 南日向公民館 2階大会議室
宮崎県 日向市 大字平岩737-2  TEL0982-57-2365
対 象 者: 排泄ケアに携わる人or今後携わっていく人
定   員: 50名(定員になり次第締め切ります) 申込み〆切 平成28年3月20日まで
参 加 費: 3,000円 
講   師:
今丸 満美(日本コンチネンス協会九州支部 コンチネンスアドバイザー)
種子田 美穂子(日本コンチネンス協会九州支部 コンチネンスアドバイザー)

〈セミナーの内容〉
1日目  オリエンテーション(スタッフ紹介、出会いのレクレーション)
    排尿のメカニズム 
     排尿障害の理解  (尿失禁のタイプの理解)
     排便のメカニズム
排便障害の理解  

<終了後、食事会(希望者のみ)>
2日目  アセスメントの方法
     アセスメントの実際        
  事例を通して&グループワーク
  社会資源としての介護用品のとらえ方
体操(骨盤底筋体操、腹部マッサージの方法等)  
まとめ(初級セミナー紹介など)

〈申込方法〉申込用紙にてFAX又は郵送願います。申込みをされた方に受講料振込のご案内をさせていただきます。用紙の必要な方は下記にご連絡下さい。

〈問い合わせ〉
ひむか排泄ケア学習会 携帯090-8660-8171/和田病院0982-52-0021(上田)
日本コンチネンス協会九州支部 携帯090-3329-2007(今丸)

固定リンク | 2016年02月03日【95】

高次脳機能障害研修会

固定リンク | 2016年02月01日【94】

第5回野崎東勉強会のご案内

謹啓 時下、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、昨今の日本障がい者スポーツ協会の文部科学省への移管に伴う健常者・障がい者スポーツの一 本化や昨年のスポーツ庁解説、2020 年には東京オリンピック・パラリンピック開催決定などにより、障 がい者スポーツへの注目や期待の高まりを見ていることは周知の事と存じます。また、10 年後には宮崎 県で国民体育大会、全国障がい者スポーツ大会が開催されます。これに伴い、県内でも競技者数が増えることが予想され、各地域における障がい者スポーツを理解した指導者や医療従事者の育成も急務の課 題となっております。今回、障がい者スポーツに関わる必要性を理学療法士・作業療法士の先生方、学生に知ってもらう事で障がい者スポーツに関わるきっかけや繋がりを作りたいと考えております。セラピストから考える障がい者スポーツへの関わり方の報告の他に、実際に選手をお呼びして、選手から見たスポーツの必要性 やサポーターの重要性等の話、競技用車椅子の試乗会・体験会等の内容を予定しております。 ご多忙の折とは存じますが、多数のご参加を頂きますようお願い申し上げます。


【テ—マ】 障がい者スポーツにセラピストが関わる必要性
【講 師】九州パラ陸上競技協会 副理事長 小川 敬 様
 理学療法士 新垣 貴大
【日 時】平成 28 年 2 月 27 日(土) 14 時 00 分〜18 時 30 分(受付 13 時 30 分〜)
【会 場】野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター
【定 員】40 名
【対 象】医療従事者 医療系学生
【参加費】 医療従事者 3500 円 学生 400 円(当日徴収致します)
※参加費の一部を 3 月に開催される全国車椅子駅伝大会の宮崎選手団に寄付いたします
【申し込み】参加をご希望の方は、以下の内容を記入の上、下記メール宛までお申し込みください 〇疚 ⊇蠡(学校名)職種 し亳廓数 ジ什濔磴い者スポーツに関わっているか 申し込みアドレス: takahiroarakakipt@yahoo.co.jp
【申込締切】平成 28 年 2 月 26 日(金)(定員なり次第終了 しますのでお早めに申込ください)
【お問い合わせ】 一般財団法人 弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター
         理学療法士 新垣 貴大 TEL:0985-28-8854
         E-mail:takahiroarakakipt@yahoo.co.jp

固定リンク | 2016年02月01日【93】

[1]    «    17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23    »    [23]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会