HOME > ブロック研修会

ブロック研修会

最近の記事

西諸ブロック事例検討会のご報告

平成30年3月17日(土)に西諸ブロック事例検討会が園田病院で開催されました。今回の発表者は5人で、その中の1人として発表をさせて頂きました。
私は、小林市立病院で勤めて初めて受け持った患者様について発表を行いました。
患者様と関わっていく中で、コミュニケーションの取り方やアプローチの内容に悩むことが多々ありましたが、先輩方に相談し解決していきながら今回の発表を行うことができました。今回の発表を通して、患者様との信頼関係の大切さや患者様にあったアプローチ選択の重要性など様々なことを学ぶことができました。また、患者様との関わりだけではなく、抄録やPowerPointを作成していく中で読み手が分かりやすいようにまとめる事が大切だと感じました。
今回の発表で自分の考えを伝えるとともに、他院の先生方から多くのアドバイスや意見を頂きました。また、他の発表者から多くの考えを聞くことができとても貴重な経験になりました。この経験を今後の作業療法に活かしていきたいと思います。
今回、お忙しい中ご指導をして下さったファシリテーターの先生方、発表に参加してくださった先生方ありがとうございました。

小林市立病院 作業療法士 浦崎留嘉

固定リンク | 2018年04月03日【76】

都城・北諸ブロック研修会のご報告

平成30年2月16日(金)、「都城・北諸ブロック研修会」がメインホテルナカムラにて開催されました。
宮崎リハビリテーション学院の小林真美先生より、「明日から使えるコーチング法」をテーマに講話をして頂きました。コーチングの基礎、GROWモデル、ティーチングとコーチングの使い分け、コーチングスキルなど実技を取り入れて分かり易くお話して頂きました。
コーチングがうまくいかない際、リーダーが指示するのみではなく、「なぜ○○なのか?」と問いかける方法を取り入れることで視野が広がることを学びました。また、対象者に適切な解決策を導くことは難しく、リーダーはコーチングに必要なスキル(聴く、質問する、伝える、仕組みを整える)を磨くことが重要であると学びました。この経験を活かし、対象者が目標達成に向けて支援できるようスキルアップしていきたいです。

ご多忙中、ご講話して頂いた小林先生、また研修会・懇親会に参加して頂いた県士会の皆様、本当にありがとうございました。懇親会では和やかな雰囲気の中で多くの先生方と交流・親睦を深めることができました。今後も、都城・北諸ブロックや他の研修会などを通しての連携や知識・スキルを深めていけるよう頑張りたいと思いました。

一般社団法人藤元メディカルシステム 藤元病院
長友 一代

固定リンク | 2018年03月06日【75】

宮崎市・市郡ブロック事例検討会のご報告

平成30年1月27日(土)に、「宮崎市・市郡ブロック事例検討会」を野崎病院にて開催し、16名の参加がありました。
本年度は、身障・精神・地域分野の3施設からの事例報告でした。復職に向けたハンドセラピィや、多職種連携で地域生活に繋がった事例、在宅生活を考えた本人や家族へのアプローチを行った事例の報告、OT実践の様々な工夫を聞くことができました。
また今回は、少人数だったこともあり、領域でのグループ分けをせずに、全員での意見交換を行いました。それぞれの経験を活かしたアドバイス等、とても活発なディスカッションが行われたと思います。特に、専門領域を超えた様々な視点での意見交換は、今後の患者様へのよりよい支援はもちろんのこと、今後の地域連携にも繋がるのではないかと思いました。
今後も、宮崎市・市郡ブロックの連携〜コミュニケーションを深めていけるよう、ブロック研修会を企画して参りますので、OTの皆さん、継続的な参加をお願い致します。

宮崎江南病院 吉松利夏

固定リンク | 2018年02月13日【74】

延岡・日向ブロック研修会のご報告

平成30年1月18日、延岡・日向ブロックの研修会があたご整形外科にて開催されました。
九州保健福祉大学の小川敬之先生より、「Dementia Friengly Communityの創生 これからの求められる作業療法士のかたち」をテーマに認知症を取り巻く背景や認知症を本当に理解し、主体的にその人らしく生活する環境とは、地域共生社会に向けての内容にて分かり易くご講話していただきました。
ご講話の中では、一昔に比べ世界的に高齢化が加速している状況であり、その中でも日本が20数年の短い期間で急速に高齢化している現状や認知症に関する10の事実に関して、現在世界で3秒に1人新しい認知症患者様が出ている現状等多々学ばせていただきました。
また小川先生が取り組まれている公民館機能を活用したデリバリー作業の取り組みや認知症の人にも優しい図書館についてもお話を聞く事が出来、大変有意義な研修会となりました。
研修会の最後に「何かを始める方法は、話すのはやめてやり始める事だ!」とウォルト・ディズニーの言葉のご紹介があり、既成概念に縛られず本当に必要とされている事にどのようにしたら出来るか考え、出来る事からしていく、トライしていく事の大切さについて再認識させていただきました。また小川先生からも「認知症の方にも出来る事はたくさんあり、対象者様を大切にし過ぎないで、出来る事を奪わず出来る事を見つけていく生活リハを提供出来るにOTになって下さい」との熱いメッセージもいただきました。
ご多忙中、ご講話していただいた小川先生、また研修会にご参加をしていただいた県士会の皆様、本当にありがとうござました。
来年度も縦と横の繋がりを大切にし、顔の見える繋がりで延岡・日向ブロックを盛り上げていきたいと思っております。
皆様のお役に立てるようブロック活動の運営や企画をおこなってまいりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

はまゆう園 生活介護恒富事業所
戸癲〕博

固定リンク | 2018年01月25日【73】

第2回県南ブロック研修会のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、宮崎県作業療法士会県南ブロックでは、下記の要領にて、平成29年度第2回県南ブロック研修会を開催することになりましたので、皆様におかれましては、業務その他においてご多忙な事と存じますが、ご参加の程よろしくお願いします。
また、研修会後に懇親会も予定しておりますのでよろしくお願いいたします。
敬具 


1.期日 平成30年2月23日(金)
2.会場 油津Yotten(駐車場:油津商店街駐車場、テクノセンター駐車場、Ittenパーキング(有料))
3.受付 18:30〜
4.内容 地域包括ケアと地域ケア会議について
     講師:日南市立中部病院 作業療法士 岩切 良太氏
     19:00〜20:00 研修会
     20:00〜21:00 懇親会(同会場にて)
5.参加費 500円(研修会・懇親会も含む)
6.宮崎作業療法士県士会に未加入の方:研修会当日に入会可能ですので、入会費8000円、研修会参加費500円をご準備のうえお越しください。

締め切り:平成30年2月9日(金)
申し込み:添付ファイルのFAXよりお申し込み下さい。

固定リンク | 2018年01月10日【72】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [14]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会