HOME > ブロック研修会

ブロック研修会

最近の記事

令和4年度 都城・北諸ブロック事例報告・検討会のご報告

第1回 都城・北諸ブロックの事例報告・事例検討会が令和5年2月24日に会場とWEB参加のハイブリッド形式にて開催されました。今回、上半期で都城北諸地域の県士会員にブロック参加の目的や希望することなどのアンケートをとらせていだきました。その結果、他施設との交流や情報交換、研修会に次いで事例報告会を希望する意見がいくつか聞かれ、ブロックメンバー内で協議し、開催する運びとなりました。参加者は22名で内訳としてWEB参加が12名、会場参加が10名でした。発表は2名の先生方に事例報告をしていただきました。1事例目の演題名は「左半側空間無視に対する能動的・受動的注意アプローチがADLに及ぼす影響の検討」で、脳卒中の後遺症である空間性注意に対して能動的注意訓練と受動的注意訓練のどちらがADLへ汎化されるか検証を行ったという内容でした。2事例目の演題名は「脳卒中左片麻痺者に対する作業活動の導入〜洗顔動作獲得までの過程〜」で麻痺を呈された事例の「洗顔が出来ない」という訴えに対して作業活動を通して機能面の向上や動作獲得に至ったといった内容でした。お2人の先生方は身体障害分野で勤務されており、テーマは異なりましたが、臨床の疑問や事例の評価内容、治療の過程がよく記載されており、聴講していて、とても熱意が伝わる発表だと感じました。質問も何点か出て、活発な意見交換になりました。発表修了後にWEB参加者、会場参加者の各グループに分かれ事例検討を行いました。発表者の先生の意見としては「初めての発表ということもあり緊張しましたが、とても達成感がありました。また、事例検討の話し合いでは、自分とは違う視点での意見がたくさんあり実りが多かったです。」といった意見が聞かれました。また、会場参加者からの意見としては「会場で参加しましたが、久しぶりに対面で他病院のスタッフの方とお話ができて嬉しかったです。やはりリモートよりもより協議がしやすいと感じました。ご家庭の事情などもあると思いますので、今後もハイブリッド形式の開催がありがたいのかなと思います。」「対面の方が緊張感も伝わり話し方や、どう伝えたらわかりやすいか等勉強になりました。」といった意見が聞かれました。
コロナ禍ではありましたが、一部対面にすることで上記のようなポジティブな意見も聞かれたことは運営側としても嬉しく感じました。一方で会場の通信環境や機器トラブルがあり、報告や検討の際に少し手間をとらせてしまったので、次回の課題にしたいと思いました。研修終了後にとったアンケート結果では1から9年目の参加率が多く、事例報告をしてみたい・または興味がある。の回答が58.3%といった結果となり、次年度の報告会にも繋がる研修会になったと感じました。
今後も都城・北諸ブロック研修会のご参加をお待ちしております。

都城・北諸ブロック
ブロック長
吹上 崇

固定リンク | 2023年03月09日【118】

第3回 延岡・日向ブロック研修会のご報告

第3回 延岡・日向ブロック研修は、これまでのブロック研修会のアンケート結果より聴講希望の高かった高次脳機能障害について「高次脳機能障害支援〜医療から福祉へ・つなぐ〜」というテーマで令和5年2月3日(金)19時よりオンラインで開催しました。今回の講師は、宮崎県身体障害者相談センターで高次脳障がい支援コーディネーターをされている黒木和代先生に行って頂きました。研修会当日は、他ブロックの先生方の参加も多数あり、15名の参加者と高次脳機能障害支援について理解を深めました。
 講義内容としては、「1,高次脳機能障害支援における連携・つなぐ」「2,高次脳機能障害回復過程への考え方」の2つを中心にご講義いただき、事例も交えてご講義いただき大変分かりやすく有意義な時間となりました。特に病院と支援機関との連携では、本人様やご家族の方が動かれて支援機関に依頼に来られるとの現状に、積極的な情報共有・発信を行っていかなければならないと感じました。また回復過程の考え方では、本人の障がいへの気づきは、階層性がある事を図説で分かりやすくご講義頂きました。
 研修後のアンケートでは、90%以上の先生方に満足との回答をいただき、今後の支援への気づきの機会になったのではないかと感じました。
以下に研修会の感想をご紹介します。
・貴重な勉強会に他ブロックから参加させて頂きありがとうございました。宮崎県での高次脳機能障害について、患者さんの置かれた状況、環境がよく理解できました。
・貴重なお話ありがとうございました。入院中もですが、退院後についても困ったりする事がこれまでありましたので、これからは困ったりしたらまずはセンターの方へ相談させて頂こうと思いました。またこれからも高次脳機能障害について引き続き勉強しないと自分は足りないなと感じました。
 今回の研修を通して、普段の臨床場面ではなかなか気づにくい部分を知るきっかけとなり、病院から退院した後の支援を考えていく必要性を改めて感じる事ができました。今後も参加しやすいブロック研修、臨床の参考になるブロック研修が行えるようブロック員一同、企画運営に努めて参りますので、次回の延岡・日向ブロック研修会へのご参加お待ちしております。

延岡・日向ブロック
ブロック員 大崎 光

固定リンク | 2023年02月14日【117】

令和4年度 第1回宮崎市・市郡ブロック研修会のご報告

第1回宮崎市・市郡ブロック研修会が1月27日、オンラインにて開催されました。今回は「退院後のより良い人生に向けての支援」というテーマにL I T A L I C Oワークス宮崎の神坂将来様に講師を務めていただきました。研修会には25人のご参加があり、89%が大変満足、11%が満足と大変充実した研修会となしました。
講義では、就労支援について制度や仕組み(就労移行・就労定着)、会社、事業所紹介をわかりやすく説明していただき、具体的な実践事例(診断名:もやもや病、右上下肢麻痺機能障害、高次脳機能障害)を通して見学〜就職、その後まで、就労移行の立ち位置から見た社会復帰への道筋、支援内容などのご講義をいただきました。
 参加者からのアンケートでは
「就労支援から定着までの流れを具体的に知ることができて、非常に良かったです。」
「とても興味のある分野だったので勉強になりました。LITALICOさんのような資源を知っているのと知らないとでは大きな違いがあると思います。ありがとうございました。」
「就労支援事業について具体的に話を聞くことができたので良かったです。」
「作業療法士と就労支援事業所ともっと連携ができると良いと思いました。」
「リタリコワークスさんについて漠然とイメージがありましたが、利用者さんの就労に繋ぐためのアセスメント、プロセス、関わりなどとても興味深いものがありました。」
「就労支援については、入院中にできることは限られているので、退院後に支援が受けられるところがあることを知れて、大変勉強になりました。」
「就労支援への繋ぎ方はよく分からなかったんですが、迷ったらとりあえず相談させてもらおうと思います。今日はありがとうございました。」
以上のような意見をいただきました。ご回答ありがとうございました。
今回の研修会が、作業療法士として対象者に支援するための一つの選択肢となる研修会となったのであれば幸いです。今後も皆様の日々の疑問の解決や新しい知識を得る機会となるような研修会が開催できるように、ブロック員一同、企画運営に努めてまいります。今後の宮崎市・市郡ブロック研修会へのご参加お待ちしております。

宮崎市・市郡ブロック
ブロック長 綾 憲一郎

固定リンク | 2023年02月03日【116】

都城・北諸ブロック事例報告会のお知らせ

日時   : 令和5年2月24日 金曜日  
     : 18:00受付開始 (リモート:18:15)
       18:30 開始 〜 20:00 終了予定

会場   : 都城ロイヤルホテル(研修ホール)またはリモート

事例報告 : 落合 幸司 先生 (医療法人魁成会 宮永病院)
       阿野 息吹 先生 (一般社団法人 藤元総合病院)
参加費  :会員無料(日本OT協会かつ宮崎県士会の会員)
ポイント :2ポイント付与

<参加申し込み方法>
Google フォームを使用し受付をします。添付資料のQRコードか下記のURLからも申し込みできます。

https://forms.gle/1eXQ8f4CVQVdsSrEA

締切:2月15日(水)

お問い合わせ先: 藤元総合病院 吹上崇(Mail:mjblockot.2022@gmail.com
TEL:0986-22-1717)

固定リンク | 2023年01月28日【115】

令和4年度日南・串間ブロック研修会のお知らせ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、宮崎県作業療法士会日南・串間ブロックでは、下記の要領にて、令和4年度日南・串間ブロック研修会を実施いたします。
今回、京都橘大学 作業療法学科長の 小川 敬之 様を講師にお招きして、「認知症」をテーマにした講義や認知症に纏わる悩みなどをざっくばらんに話せる相談会を行う予定となっております。
皆様におかれましては、業務その他において、ご多忙なことと存じますが、ご参加の程、よろしくお願いいたします。
敬具

日  時:令和5年2月16日(木)19時00分〜20時30分
受  付:18時45分から受付開始
場  所:オンライン(Zoom)
内  容:「認知症」をテーマに講義と相談会
費  用:無料(今年度県士会費を2/9(木)までに納めるようお願いいたします)
締め切り:令和5年2月8日(水)
申し込み:下記のメールアドレスにお申し込みください。
〇疚(フリガナ)
会員番号
所属と所属ブロック
ち蠱眠颪覗蠱未靴燭て睛討覆匹△蠅泙靴燭蕁∋前にお伺いしたいと思います。(任意)
Mail sa.387@icloud.com(日南・串間ブロック員 瀬戸山 彩奈)

固定リンク | 2023年01月11日【114】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [9]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会