HOME > その他の研修会(県外)

その他の研修会(県外)

最近の記事

第9回障害保健福祉領域における作業療法(士)の役割に関する意見交換会 障害保健福祉領域OTカンファレンスin大阪

日時:平成30年2月17日(土) 
   開催時間 12:45〜16:30
場所:大阪保健医療大学1号館141教室
   大阪市北区天満1丁目9番27号
参加費:OT協会会員無料
    他職種参加可(資料代500円要)

※お申し込み等、詳細は添付資料をご確認下さい。

固定リンク | 2017年12月20日【459】

一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座のご案内

実技講座 マスターしよう!体位変換・移乗動作

日時:体位変換 2018年1月20日(土)14:00〜19:40

   移乗動作 2018年1月21日(日)10:00〜16:10

会場:サンメッセ鳥栖(鳥栖市本鳥栖町1819 JR鳥栖駅すぐ)

定員:各100名

講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会 学術研究部)

受講費:各講座1回8,400円(税込)

内容:呼吸器ケア・離床に必須の体位変換・移乗動作の技術について、2日間で30以上の動作介助のパターンを習得することができます。(1日のみ参加可)

・体位変換講座

1.エビデンスに基づいた体位変換の基礎理論

2.悪い患者のポジショニングで使う上方移動・側方移動

3.模擬人工呼吸器チューブを用いた前傾側臥位の取り方

4.重症患者にも適応となる腹臥位の実際

・移乗動作講座

1.腰を痛めないための介助法の基礎(ボディメカニクス)を知る

2.体格が大きい患者さんの移乗動作(全介助・部分介助):かつぎ法

3.体格が小さい患者さんの移乗動作(全介助・部分介助):膝もたれ法

4.様々な患者さんを想定した介助法(つかみかかる人、片足免荷、後方につっぱる人 など)

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585



●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

肺炎時の呼吸ケアと早期離床戦略

日 時:2018年2月17日(土)10:00〜16:10

場 所:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10 地下鉄天神駅より徒歩)

講師:原田 博雅 先生(八尾徳洲会病院 呼吸器内科)

入江 将考 先生(新小倉病院 リハビリテーション科)

受講費:9,800円(税込)

内容:肺炎=リハビリ中止ではなく、必要な臥床期間を正確に見極め、積極的な離床へと導くことのできる臨床家を育成するための集中プログラム
1.肺炎の病態と基礎治療のEBM
2.人工呼吸器からのウィーニング・VAP予防と関連ケアのポイント

3.肺炎時の早期離床「守り」と「攻め」の実際

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: http://www.rishou.org/

問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

固定リンク | 2017年12月19日【458】

福岡・下肢 CI セラピー セミナーのお知らせ

講師
田邉浩文 先生(湘南医療大学 保健医療学部 教授)
➢ 主催
日本 CI セラピー研究会/タナベセラピー研究会
➢ 開催日時・会場
2018 年 2 月 3 日(土)10:00 ~17:00
国際医療福祉学院(福岡市福岡市早良区) 参加費5000円定員60名
➢ 対象 : PT 、OT、鍼灸師など

内容:
米国アラバマ大学が開発した下肢 CI セラピーのプロトコル;
・下肢行動契約
・下肢ホームスキル宿題
・下肢MAL
・下肢シェーピング実技
に関し、テキスト配布、講義および片麻痺当事者での実習を行います。
実技を通じて片麻痺当事者の下肢機能が著しく変化する様を見ることができます。


メールの件名に「下肢CIセミナー福岡」と記入いただき、本文に、1施設名、2氏名、3職種、を明記の上、 tanabetherapyentry@yahoo.co.jp までお申込ください。
先着順といたします。
上記、メールアドレスからのメールを受信出来る様にして下さい。 3 日以内に返信がない場合はお手数ですが再度ご連絡下さい。
キャンセルは 1 月 26 日まで可能です。

固定リンク | 2017年12月18日【457】

平成29年度(第12回) 九州作業療法士会長会主催合同研修会 リーダー育成研修会のご案内

拝啓 寒冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 昨今、頻発する震災や大洪水といった自然災害についてはメディアでも特集されており、私たち作業療法士も災害について考える機会が増えていると感じます。九州地区におきましては、平成28年に熊本・大分両県での震災、平成29年に福岡県、大分県での九州北部豪雨と災害が発生し、自然災害がより身近に感じられるようにもなっています。
 実際に災害が起きた場合、作業療法士には何ができるのでしょうか。支援を行う立場、支援を受ける立場、どちらにおいても現場で動くことは容易なものではないと考えます。
 今回の研修会では、「災害対策」をテーマに、一日目は災害対策の基礎について、数々の災害現場での支援実績のある淡野 義長先生にご講義を頂きます。また、災害現場での支援者・受援者双方の立場から、佐藤 友美先生にご経験談を講義して頂く予定です。二日目には両先生を中心に、現場での活動イメージを構築できるようグループ演習を実施します。
 自然災害の発生を予測することは困難ですが、いつ発災しても対応できるよう、災害に対する知識と対応のエッセンスを学び、現場で実践できるリーダーを育成することを目的としております。多数のご参加をお待ちしております。
敬具

◆主催:九州作業療法士会長会
◆内容:第一日 平成30年2月11日(日)14:30〜18:00(13時30分受付開始)
テーマ「災害対策における基礎を学ぶ」「九州北部豪雨での直接支援活動・本部運営/被災当事者として」
    
    第二日 平成30年2月12日(月)9:30〜12:30(9:00受付開始)
    テーマ「災害対策実践演習」

    講 師 淡野 義長 先生(長崎リハビリテーション病院)
        佐藤 友美 先生(湯布院病院/大分リハビリテーション支援センター)
◆会場:医療福祉専門学校緑生館 視聴覚教室  〒841-0074佐賀県鳥栖市西新町1428-566
TEL:0942-84-5100(会場への直接の電話はご遠慮ください)
◆参加資格:日本作業療法士協会会員および各県士会員であり29年度以前の協会会費納入者
◆参加費:1000円
◆ポイント:生涯教育基礎ポイント4ポイント(1日目・2日目各々2ポイントずつ配布)
◆定員:60名
◆懇親会:平成30年2月11日(日)19時〜 場所:未定(鳥栖市内)会費:5000円程度
◆申込期限:平成30年1月31日
◆申込先:別紙送信用紙に必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください

固定リンク | 2017年12月10日【456】

発達協会主催2017年度「春のセミナー」開催のご案内

お申し込みお待ちしております!
発達協会HP:http://www.hattatsu.or.jp/

2月3日(土)
B あそびを通した発達支援-感覚と社会性の視点から
子どもの発達に欠かせないあそび。しかし発達障害・知的障害があるために、あそびが広がりにくい子どもがいます。まずは子どもの発達、認知の特性を理解することが大切です。子どもへの理解をふまえ、感覚と社会性のふたつの視点から、あそびについて学びます。現場で活かすことのできる事例も、豊富に紹介する予定です。
1.発達障害・知的障害のある子どものあそびとは-「感覚」への理解をふまえて考える
伊藤祐子 (首都大学東京/作業療法士(認定)・日本感覚統合学会インストラクター)
2.発達障害・知的障害のある子どものあそびの実際-「感覚」を磨くために
伊藤祐子 (首都大学東京/作業療法士(認定)・日本感覚統合学会インストラクター)
3.ルールのあるあそびを教えるコツ-社会性の視点を中心に 
大畑豊 (子どもの心と発達の相談ルームここケット/臨床心理士)

2月4日(日)
D 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ」のメカニズム
集団の中で話を聞けない、やるべきことを最後までできない、忘れ物が多いといった子どもがいます。彼らの行動の背景にある特性とは何なのでしょうか? 合理的配慮が求められる時代です。これまで以上に彼らの特性を踏まえた対応が求められます。もちろん、彼らの特性をプラス方向に捉えることも大切。教育的な対応、配慮とともに、医学の視点からも不注意さについて学びます。
1.注意・集中のコントロールが弱い子への支援1-不注意の要因と基本となる対応
長澤正樹 (新潟大学/上級教育カウンセラー・ガイダンスカウンセラー・特別支援教育士SV)
2.注意・集中のコントロールが弱い子への支援2-アセスメントから導く支援の実際
長澤正樹 (新潟大学/上級教育カウンセラー・ガイダンスカウンセラー・特別支援教育士SV)
3.ADHDの不注意/過剰集中とは-ADHDのよい点に目を向ける
今村明 (長崎大学/医学博士・医師)

2月18日(日)
H 応用行動分析から学ぶ療育の基礎-コミュニケーションと行動面の課題を中心に
何度注意しても子どもが不適切な行動を繰り返す、子どもにルールを伝えられない、といった悩みを抱えている方はいませんか。このセミナーでは、応用行動分析の枠組みを用いて子どもへの指導・支援の方法をお伝えします。経験の浅い先生方へもわかりやすく解説する基礎講座です。また、改めて知識、経験を整理したい先生方へもお勧めします。
1.障害特性の理解と応用行動分析の基本 
山本淳一 (慶應義塾大学/文学博士・臨床心理士・臨床発達心理士)
2.コミュニケーション面へのアプローチ-事例も含めて 
山本淳一 (慶應義塾大学/文学博士・臨床心理士・臨床発達心理士)
3.行動面へのアプローチ-事例も含めて 
山本淳一 (慶應義塾大学/文学博士・臨床心理士・臨床発達心理士)

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。
★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15〜16:20
《定員》約250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050円(税込)(会員8,220円(税込))

固定リンク | 2017年12月08日【455】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [23]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会