HOME > その他の研修会(県外)

その他の研修会(県外)

最近の記事

発達協会主催2018年度「秋のセミナー」「指導力・支援力向上セミナー」開催のご案内

OTの方向け☆発達協会主催2018年度「秋のセミナー」「指導力・支援力向上セミナー」開催のご案内
お申し込みお待ちしております!
発達協会HP:http://www.hattatsu.or.jp/

10月21日(土)
 秋2 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応
本人以外にわかりにくい「感覚」の問題。だからこそ、理論をふまえた対応が大切です。
「感覚」の問題に注目が集まっています。DSM-5では、ASDの診断基準に感覚の過反応や低反応といった項目が加えられました。「感覚」の問題は、特定の音や人に触れることが苦手等、生活や学習のしにくさにつながります。このセミナーでは「感覚」のメカニズム等、理論をふまえた対応の仕方をお伝えします。また身体と心の緊張が高い子どもへの、動作法によるリラクセーションの実際も学びます。
1.「感覚」の過反応と低反応 [子どもの抱える困難さを理解する]
  岩永竜一郎(長崎大学)
 2.「感覚の問題」への支援の実際 [感覚統合療法からのアプローチ]
   岩永竜一郎(長崎大学)
 3.緊張が高い子へのリラクセーション [動作法を中心に]
   香野毅(静岡大学)
11月4日(日)
 秋10 遊びを通して発達を促す
 子どもも大人も楽しみながら、プログラムを進めましょう。
 着替えや食事、学習の場面などで、道具を上手く使えずに困っている子どもがいます。苦手意識から練習への意欲が低下すると、苦労するのは子ども自身です。意欲を持って子どもが学べるように、生活動作や学習場面でできることを増やすための遊びを、作業療法の視点からお伝えします。また、遊びの中でことば・コミュニケーションの力を育てる指導・支援法も併せて学ぶ、現場で活かせる内容が盛りだくさんのセミナーです。
1.生活動作を育てる遊び [作業療法の視点から]
  笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)
 2.学習する力を育てる遊び [作業療法の視点から]
   笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)
 3.遊びの中でことば・コミュニケーションの力を育てる
   東敦子(臨床発達心理士)

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15〜16:20
《定員》各250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))

固定リンク | 2018年07月10日【487】

NPO法人 精神科作業療法協会(POTA) 第45回作業療法研修会(広島)のご案内

開催日:2018年9月17日(月・祝)
会 場: 広島大学 広仁会館 大会議室 (広島大学 霞キャンパス内)
テーマ:『 復職を実現する作業療法 〜産業医と産業保健師と当事者に学ぼう〜 』
募集人員:80名
参加費:事前振込み POTA会員3000円 非会員6000円 学生・当事者2000円
※懇親会費(昼食代)は別途1000円となります。
※懇親会は基本的には全員参加とさせていただきますが、参加を希望されない
方、弁当不要の方は申込フォームの特記事項にその旨をお書きください。
※当日参加の場合、参加費は一律1000円UPとなります。
申し込み期間:7月9日(月)〜9月10日(月)
申込方法:以下の通り、メールにてお申込み下さい。
1) 本研修会申込み専用アドレス(otken@pota.jp)に空メールを送信します。
2) 自動返信で申込みフォームが送信されますので、それをクリックします。
(@pota.jpからのメールを受信可能に設定してください。)
3) 申込みフォームの必要事項を入力・選択し、送信します。
4) 参加費と懇親会費の入金をお願い致します。入金確認後、受付完了のメールをお送りします。
参加費振込先:ジャパンネット銀行 すずめ支店(店番002)   
口座名トクヒ)ポタヒロシマ 科目普通 口座番号685665
お問い合わせ(メールのみ):pota.otken@gmail.com
なお、POTAホームページにも研修会情報を掲載しておりますのでご参照ください。
http://www.pota.jp/

固定リンク | 2018年07月08日【486】

終末期・緩和ケア作業療法研究会 第9回 年次研修会 in 岡山のご案内

【日時】2018年10月13日(土)12:00受付 13:00 ~ 17:30 10月14日(日) 9:00受付 9:30 ~ 15:15
【場所】公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院 大原記念ホール 岡山県倉敷市美和1-1-1(JR山陽本線/JR伯備線 倉敷駅)

【1日目】
OTのための緩和ケア基礎知識
南 征吾 OTR 大阪河崎リハビリテーション大学
OTのための緩和ケア基礎技術
臂 美穂 OTR 公立みつぎ総合病院
事例検討会 グループワーク
事例提供:黒瀬 博子OTR 済生会広島病院

【2日目】
特別講演「ハグで繋がる心と心―その人らしく生きる、を支援」
岡原 仁志 医師 おげんきクリニック院長、おげんきハグニティ理事長
作業療法士に必要な死生学
目良 幸子 OTR たなかクリニック(当研究会会長)
「ACP(アドバンス ケア プランニング)について考える」
平田 佳子 がん看護専門看護師 倉敷中央病院

【対象】終末期に関わるOTを対象にしていますが、興味がある方はどなたでも
【参加費】 両日参加 研究会会員 8,000円、非会員12,000円、学生2,000円 一日のみ参加 研究会会員 4,000円、非会員 8,000円、学生1,000円
*申し込み時に研究会入会のかたは会員価格でOK(参加費とは別に入会金5,000円、年会費なし)
【懇親会】事前登録制 4,500円
【申し込み方法】研究会ホームページからオンライン受付
【申し込み締め切り】2018年9月30日
【OT協会生涯教育ポイント】2ポイント(受講証明書発行)
【主催・お問い合わせ】終末期・緩和ケア作業療法研究会 http://www.kanwaot.net

固定リンク | 2018年07月04日【485】

兵庫医科大学リハビリテーション医学教室主催セミナーのご案内

リハビリテーションのための嚥下障害と栄養
多職種の視点で学ぶ!嚥下障害、栄養管理の基礎と回復期リハにおけるNSTの最前線。
リハビリテーション医療において嚥下障害は全身状態に影響する大きな問題です。このセミナーでは多職種の視点で嚥下障害と栄養管理の基礎を学ぶと共に、今年度の診療報酬改訂で新たに重点の置かれた回復期リハビリテーションにおけるNSTに関して、先進的な取り組みを学びます。
【日時】2018年9月22日(土)10時00分〜16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20180922.html

実践CI療法講習会
明日からCI療法を実施できるようになる基礎知識と実践方法を伝授!評価方法、CI療法の理論、運動学習など脳科学との関連、症例における実践例等について、わかりやすく説明します。
【日時】2018年10月7日(日)10時00分〜16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181007.html

脳卒中予後予測セミナー
脳卒中患者さんのリハビリテーション、さあ、何から始めましょう?
まずは予後予測から始めましょう。本セミナーでは、従来の予後予測法や脳画像解析の最新知見、誰でもできるFIMを使った簡単な予後予測法、患者さんの回復過程について、明日から使える幅広い知識をお伝えします。
【日時】2018年10月14日(日)10時00分〜16時00分
【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
【受講料】12,000円
【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)
【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。
http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181014.html

固定リンク | 2018年06月14日【484】

東京都作業療法士会主催の研修会のご案内

基礎ポイント研修:運動を精神科作業療法の手段とする
 
 精神科疾患を持つ方の生活習慣病や、高齢化による身体機能の低下に対して、身体運動による支援は精神科作業療法における重要な手段と言えます。しかし、運動プログラムを運用する為には、精神科疾患における心身機能の状態や、実施におけるリスク管理、展開方法といったノウハウが欠かせません。
 本研修は精神科作業療法において運動プログラムを推進されている、高橋章郎先生(首都医校)、早坂友成先生(杏林大学)をお招きし、講義に加え実技を実施します。精神障害領域のみならず、他領域に従事する作業療法士においても、精神身体合併者への支援の一助として、参加を歓迎致します。

1.開催日時:平成30年10月21日(日) 10時00分〜16時00分(9時30分受付開始)
2.開催場所:専門学校社会医学技術学院
3.申し込み方法
下記URLにアクセスの上、必要事項をご記入下さい。受講票が自動返信されます。尚、ドメイン指定をされている方は@gmail.comの受信設定をお願い致します。また、お申し込み頂いたにも関わらずメールが来ない場合、必ず下記アドレスまでご一報をお願い致します。(申込締め切り10月14日)
4.参加費:4000円(非会員:6000円)
5.お申し込みURL
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d0421538573514
6.お問合せ先
kyouiku.seishin@gmail.com (帝京平成大学:原口晋一)

固定リンク | 2018年06月08日【483】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [27]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会