HOME > その他の研修会(県外)

その他の研修会(県外)

最近の記事

移乗機器SIG講習会 2019 in 神戸 〜 立位からリフトまでの移乗を極める講習会 〜のご案内

高齢者、障害者ケアにおいて、介護者の腰痛が問題視されてきています。厚生労働省は2013年に「職場における腰痛予防対策指針」を改訂し、その中で、原則として人力による人の抱え上げは行わせないこと、リフト、スライディングボードなどを積極的に使用し対象者に適した方法で移乗介助を行わせること、としています。
このような考えに基づき、本講習会では単に講習を聴講したり、実技の練習だけをするのではなく、参加者の皆様が「実践し、気づき、議論する」上級者向けの講習会となっております。そのため1日目は「立位移乗」「座位移乗」の2テーマを中心に環境条件や方法について参加者と討議し、実際に指導できるポイントを探していきます。2日目のリフトでは入浴コース、排泄コースの2コースから選んでいただき、それぞれリフトを使った入浴、排泄介助について参加者自身が実践しながら議論を深めていきたいと思います。さらに今回はスペシャルゲストとして実際に高齢者施設でリフトによる入浴、排泄介助を実践している介護福祉士が講師としてサポートいたします。どうぞ皆様、多数のご参加をお待ちしております。

日  時: 平成31年1月26日(土)〜 1月27日(日)

会  場: 神戸学院大学 (神戸市西区伊川谷町有瀬518番地)

参加対象: 移乗機器の使用経験者で、より実践的な学びを望まれている、または経験してみて問題を感じている介護者・医療・福祉関係者・福祉用具プランナー・福祉用具専門相談員・メーカーの指導者等。1日目はスライディングシート、トランスファーボードの使用経験のある方
2日目は、基本的な吊り具の装着・リフト操作が行える方

定  員: 40名

参加費:  15,000円:移乗機器SIG会員・リハ工学協会会員 (1日のみ参加の場合:8,000円)
      17,000円:上記に該当されない方 (1日のみ参加の場合:9,000円)

申込方法: 受講申込書に必要事項をご記入の上、e-mailにてお申し込みください。
申込書受理後、1週間以内に講習会費振込についてのご案内をさせていただきます。会費の振込確認をもって正式受付とし、その後受講証を発行いたします。なお、申込後1週間経過後も連絡のない場合はお手数ですが再度ご連絡をいただきますようお願いいたします。

申込締切:平成31年 1月 12日(土)(先着順)

申込先: e-mail:ijyou-jimu@sky.plala.or.jp(移乗機器SIG事務局:青木宛)

用意するもの:・実技可能な動きやすい服装でご参加ください。(ジーンズ等は避けてください)
・2日目に入浴コースを選択される方、男性は入浴ができるように水着を、女性は入浴
介助が出来る服装を各自ご持参ください。(更衣室は準備いたします)
・会場は土足厳禁ですので動きやすい上履きをご用意ください。
・昼食は各自でご用意ください。

講 師 :市川洌(福祉技術研究所)、
佐藤敏恭(特別養護老人ホーム清明庵)、足立充(特別養護老人ホームゆうらく)
古田恒輔(神戸学院大学)、松本多正(楽々サービス)、金城知子(社会福祉法人おもと会)
山形茂生(コネクトリハビリテーション)、青木久美子(宇部記念病院訪問リハビリテーション)

主 催  : 日本リハビリテーション工学協会 移乗機器SIG

<問合せ先>
宇部記念病院訪問リハビリテーション   担当:青木久美子
電話:0836-36-7855   FAX:0836-36-1174
e-mail:ijyou-jimu@sky.plala.or.jp   *原則、メールでの対応のみとさせていただきます*


※詳細は添付の資料をご参照下さい。

固定リンク | 2018年10月24日【497】

一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座のご案内

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

しまった!ワタシこれ見落としてた!!

2度同じ失敗を繰り返さないための血液データ判読講座

日時:2018年11月18日(日)10:00〜16:10

会場:福岡商工会議所(福岡市博多区博多駅前2-9-28 JR博多駅より徒歩)

講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会 学術研究部)

:丹生 竜太郎 先生(済生会八幡総合病院)

受講費:12,800円 (税込)

内容:「語呂合わせ」と「しくじり経験談」から学ぶデータ判読と離床のリスク管理

離床を成功させる究極の3ステップ

3大特徴

疾患別に!・・・疾患別に傾向をみていくからスイスイ身に付く!

数値をしぼって覚えて・・・覚える数値は1パラメーターにつき1つだけ!

臨床に応用する!・・・実際のあるある話に当てはめるから忘れない!

1.血液データ判読の基礎

2.疾患別データ判読のポイント

・肺炎/感染(WBC・CRP・ESRほか)

・外科周術期/整形外科/貧血(Hb・PLT・APTT・Dダイマーほか)

・腎機能障害/脱水/透析(BUN・Cr・Ht・Pほか)

・心不全/動脈硬化/心筋梗塞(BNP・K・CPKほか)

・脳血管障害(Na・PR‐INRほか)

・糖尿病(BS・HbA1cほか)

・低栄養/褥瘡(ALB・Tf・Znほか)

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: https://www.rishou.org/

問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585



●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

現場のお悩み即解決!フレイルの知識と看護ケア・リハビリテーション戦略

 〜一手先行く、ポジティブアプローチ〜

日時:2018年12月15日(土)10:00&#12316;16:10

会場:福岡商工会議所(福岡市博多区博多駅前2-9-28 JR博多駅より徒歩)

講師:徳田 雅直 先生(新横浜ハートクリニック 心臓リハビリテーション室)

:黒田 智也 先生(日本離床研究会 学術研究部)

受講費:12,800円(税込)
内容:この講座では、最も困りやすい4つのフレイルに的をしぼり、アセスメントのポイントから、個々にに合わせた具体的な対応法まで、現場でスグに活かせる手段を身につけます。

フレイル1.認知機能低下(認知症)

 離床が進まない認知症患者へのアプローチ法〜成功・失敗・体験談〜 ほか

フレイル2.嚥下機能低下(誤嚥性肺炎)

 安易な座位での摂取は危険!低栄養と加齢から考える誤嚥性肺炎予防のイロハ ほか

フレイル3.心不全

 水分管理の考え方が変わる!

 加齢と血管変化からみた患者対応の極意 ほか

フレイル4.ロコモ

 “加齢”からひも解くロコモの知識

 〜転倒をゼロにするお役立ち実例集〜 ほか

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

固定リンク | 2018年10月12日【496】

実践!発達OTミーティング vol.10 OTM静岡 〜散開〜のご案内

日時:平成31年1月12日(土)、13日(日)
場所:静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」会議ホール 風
講師: 鯨岡峻先生(京都大学 名誉教授)
SV: 岸本光夫先生
      (重症児・者福祉医療施設ソレイユ川崎)

   小西紀一先生
    (姫路独協大学 名誉教授、
京都大学医療技術短期大学部 名誉教授)

   福田恵美子先生
(長野保健医療大学保健科学部 特任教授)
五十音順
ゲスト:中村春基先生
(一般社団法人 日本作業療法士協会 会長)

対象:作業療法士 理学療法士 言語聴覚士 保育士 教員 など、療育関係者
参加費: 5000円(どちらか1日のみの参加でも同額です。)
申し込み締め切り:平成30年11月9日(金)

内容の詳細は
OTM静岡ホームページ URL https://sankaiotm10.wixsite.com/otmsankai 
Facebookページ「OTM静岡」 にて随時更新します!

※詳細は添付資料をご参照下さい。




固定リンク | 2018年09月04日【495】

精神科リハビリテーションプログラムの作り方のご案内

精神科医療領域では脱施設化の機運が高まりをみせ、各地でプログラム研修も盛んに行われるようになりました。
しかしながら、現状は理論的な内容が多く、プログラムの具体的な企画立案や実践のための研修が多いとは言えません。
今回、精神科の病院、デイケア、アウトリーチ場面など様々な臨床現場でプログラムの実践を行ってきた佐藤俊之氏(認定作業療法士:東京リワークセンター)を招聘し研修会を開催します。
各施設でプログラムを行うために工夫や留意点を講義します。また東京リワークセンターで行われているプログラムを体験しながら、対象者の認知・行動変容を積極的に促すための働きかけについて学びます。

1.開催日時:平成30年12月9日(日) 10時00分〜16時00分(9時30分受付開始)
2.開催場所:首都大学東京荒川キャンパス
3.申し込み方法
下記 URL にアクセスの上、必要事項をご記入下さい。受講票が自動返信されます。尚、ドメイン指定をされている方は@gmail.com の受信設定をお願い致します。また、お申し込み頂いたにも関わらずメールが来ない場合、必ず下記アドレスまでご一報をお願い致します。
4.参加費:4000 円(非会員:6000 円)
5.お申し込み URL(12 月 2 日締め切り)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/23ab13b4577305
6.お問合せ先
kyouiku.seishin@gmail.com (鶴川サナトリウム病院:池田瑞)

固定リンク | 2018年08月09日【494】

快護生活フェスのご案内

固定リンク | 2018年08月08日【493】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [27]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会