HOME > その他の研修会(県外)

その他の研修会(県外)

最近の記事

第30回作業療法臨床実践研究会セミナーのご案内

第30回作業療法臨床実践研究会セミナーのご案内
テーマ:「OBP×Recovery」
作業療法は近年「作業に根ざした実践」(Occupational Based Practice; OBP)が注目されています。
一方で現代の精神科リハビリテーションでは、当事者が病を抱えながらも自分らしい生き方を追求するプロセスである”Recovery”が主流にあります。
本研修ではOBPとRecoveryについてそれぞれの専門家をお招きし、概念の理解から実践応用までを学びます。
精神障害領域の作業療法の本質に迫る2日間。ぜひお越し下さい。

日時:2019年7月20日(土),21日(日)
場所:東京工科大学(蒲田キャンパス)
対象:作業療法士,精神医療従事者,精神医療に興味のある方
参加費:3000円(複数名でお申し込みの場合2000円)
    学生無料

特別講師
京極 真(吉備国際大学 教授)
1976年大阪生まれ。作業療法士、博士(作業療法学)、YouTuber。吉備国際大学ならびに同大学大学院教授。首都大学東京大学院博士後期課程修了。作業療法理論に関する研究を専門とし,信念対立解明アプローチを開発。現在は新理論「OBP2.0」を共同開発中。主な著書は「精神領域の作業療法」「作業で創るエビデンス」など。YouTubeアカウント(https://www.youtube.com/user/KyougokuLab )

大橋 秀行(南浜中央病院 作業療法士)
2006年に埼玉県立大学教授およびNPO法人精神科作業療法協会理事長就任。第45回日本作業療法学会会長(学会テーマ「意味のある作業の実現」)。2019年4月より現職。ボストン大学リハビリテーションセンターの「技能プログラミング」の普及、医療観察法病棟に「当事者研究」を導入する活動を展開中。


プレセミナーのご案内
日時:2019年7月19日(金) 15:30〜17:00
場所:東京工科大学(蒲田キャンパス)
テーマ:地域移行?地域生活支援と精神科作業療法
講師:宮崎 宏興 先生(NPO法人いねいぶる 理事長)
主催:東京工科大学 清家ゼミ
参加費:無料

専用申し込みフォーム https://forms.gle/439syzdMSjQef9U99
作業療法臨床実践研究会HP http://otcp.kenkyuukai.jp/special/?id=7950
お問い合わせ 清家 庸佑(東京工科大学)obprecovery2019@gmail.com

固定リンク | 2019年04月17日【515】

一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座のご案内

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
がん領域における看護ケアとリハビリテーション
〜発症から終末期までのエビデンスと臨床介入のポイント〜
日時:2019年5月18日(土)14:30〜18:30
5月19日(日)10:00〜16:10
会場:福岡商工会議所(福岡市博多区博多駅前2−9−28 JR博多駅より徒歩)
講師:中木 哲也 先生(たにぐち整形外科クリニック)
:櫻木 聡 先生(名古屋医療センター)
受講費: 2日間一般 19,800円(税込) 会員 16,800円(税込)
内容:学ぶべきことの多いがん領域の看護ケア・リハビリテーションに必要な知識を習得する講座です。
1.がんって何?その基礎を知ろう
・がん患者を診るために必要な検査データ・画像読影のポイント
・ここだけはおさえよう!がんの病態・病期別(TNM)分類
・これは使える!がん領域でよく使う評価スケール
2.頭の中のゴチャゴチャを一発整理!がんの治療と副作用
・がんの四大治療「手術」「放射線」「化学療法」「補完代替療法」別ケア・リハビリのポイント
・がん治療でよく聞く「レジメン」って何?
・有害事象「倦怠感」「吐気」「血球減少」の発現時期とケア・リハビリの注意点 ほか
3.がんの進行期にみられる離床の問題点とその対策
・起こしていいの?骨転移の病態と離床可否の判断
・もしかして低栄養?栄養評価の方法を学ぼう
・進行期・終末期における浮腫対策のポイント
4.がんの終末期に「コメディカルができること」と「限界点」
・部屋に入りづらい・・・メンタルサポートのコツと患者家族とのコミュニケーション術
・終末期の患者さんが呼吸苦を訴えている!そんなときにできる呼吸ケア5選
・在宅における看取りを決意 退院時にしておくべき準備と地域連携のポイント ほか
5.がん患者のケア・離床の実際-症例を通して学ぶ“お役立ち知識”-
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○日本離床学会主催 第9回 全国研修会・学術大会
日時:2019年6月15日(土) 9:40より開会式
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)
大会長:足立 拓也(兵庫医科大学病院)
副大会長:河合 佑亮(藤田医科大学病院)
受講費:一般9,800円 会員8,800円(税込)
内容:学術セッション、多数の教育講演、ハンズオンセッションや、離床に関する演題発表など 患者さん中心の離床のあり方について、徹底的に考え学べる学術大会
〜特別講演〜
1.患者さんを中心とした摂食・嚥下アプローチのキモ
2.生体侵襲と驚くべきオートファジーの関連
〜充実の教育セミナー〜
1.この一年の勉強不足はここで解消!
世界の最新事情と離床のエビデンスUp Date 2019
2.加齢を華麗にマネジメント!正しいフレイルの知識と対策法
3.低栄養の“困った”を一挙解決!
4.ただ見る触るではダメ!フィジカルアセスメント所見の意味
5.「できない」の常識を超えよう!身体抑制をゼロにするケアの行い方 ほか
〜最近話題のトピックスが勢ぞろい〜
1.脳卒中領域のジレンマ 血管内治療と開頭術後の離床の違い
2.腰痛にサヨナラ!ロボットを活用した離床
3.離床の不安を減らす!整形領域の合併症対策講座
4.離床がすすまない!急性期から在宅の困った症例大集合
5.現場の悩みを解決!高次脳機能障害における自動車運転再開について
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○一般社団法人 日本離床研究会 教育講座
次々と出てくる手がかりから真犯人を探せ!
名探偵歯車と学ぶ離床・リハビリのリスク管理
日 時:2019年6月29日(土)10:00〜16:10
会 場:サンメッセ鳥栖(鳥栖市本鳥栖町1819 JR鳥栖駅すぐ)
講 師::丹生 竜太郎 先生(済生会八幡総合病院)
受講料:一般 9,800円(税込)会員 8,800円(税込)
内容: 「起こしたから悪くなった」といわれないために必要なデータ判読、フィジカル所見を徹底的に身につけ、安全な離床支援からADLアップを学ぶ講座。
1.事件だ!患者の訴えを聴け
まず、今なにが起こったのかしっかり推理。患者の声から疑うべきリスクについて想像する力を養います。
2.現場検証 現在の状況をアセスメントせよ!
実際のデ-タや身体所見から現状を把握。デ-タの読み方、身体所見の取り方も併せて学びます。
3.捜査本部会議 犯人像を浮かび上がらせろ!
数あるデ-タの断片を統合して動かすリスクを判断。動くならどのレベルまで?動けない場合でも最善策を模索します。
4.動いた!安全を確保しつつ目的を達成せよ。
離床・リハビリ施行時に配慮すべきポイントを動画を交えて解説。
実際の現場でどう動くべきかを学びます。
5.トラブル発生!予想外の展開を落ち着いて乗り切れ
突然の合併症への対応から、再び動かすタイミングを見つける方法まで“対応力”を身に付けます。
申込み:ホ-ムペ-ジよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL:  03-3556-5585

固定リンク | 2019年04月11日【514】

第1回九州作業療法学会の事前申し込み期間

2019年4月1日(月)12:00〜5月31日(金)12:00
※詳細は4月1日(月)12:00以降の学会ホームページをご参照ください。
http://kyuot1.umin.jp/index.html

固定リンク | 2019年03月28日【513】

第16回箱づくり法全国研修会のご案内

第16回箱づくり法全国研修会をご案内いたします.長野県内と県外を交互に開催しておりますが,今年は下記の通り滋賀医療技術専門学校を会場に開催します.
箱づくり法は多少手間がかかる評価法ですが,臨床観察や他の評価法と組み合わせながら,対象者の弱点をどう強みに変えていくか,具体的にどんな工夫をしていけば対象者がしたい作業やらねばならない作業ができるようになるかのヒントを共有できるという点で,評価でありながら非常に治療的であるため,臨床家の皆様,教員の皆様に広く知っていただきたいと思っています.多くの皆様のご参加をお待ちしております.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時: 2019年7月20日・21日(土・日) 1日目 9:10〜18:00 2日目 9:10〜13:30
場所: 研修会会場・・・滋賀医療技術専門学校(東近江市北坂町967)
    宿泊/レポート作成会場・・・アズイン東近江能登川駅前(能登川駅から徒歩1分)
定員: 20名(先着順)
講師:冨岡 詔子(信州大学名誉教授 箱づくり法研究会代表)他研究会メンバー
参加費: 参加費26,000円(研修費17,000円(会場費・事前の教材送料含む),宿泊費9,000円(1泊2食付))(合宿形式になります)要ノートPC持参.他教材費(テキスト・マニュアル・用紙・CDなど)4,100円(お持ちでない方のみ販売します)
申込み締め切り:2019年6月14日(金)      
*参加ご希望の方は,「氏名」「所属」「協会番号」「連絡先電話番号」「連絡先メールアドレス」を明記の上,事務局:栗林までE-mailにてお申込みください.申込書をお送りします.
箱づくり法研究会事務局:〒381-2227長野県長野市川中島町今井原11-1長野保健医療大学 作業療法学専攻内 栗林美智子E-mail:kuribayashi.michiko@shitoku.ac.jp  TEL:026-283-6111 FAX:026-283-6122

固定リンク | 2019年03月24日【512】

第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会inにいがたのご案内

主催:日本訪問リハビリテーション協会
大会名:第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会inにいがた
日時:2019年6月29日(土)〜30日(日)
場所:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
   新潟県新潟市中央区万代島6-1
テーマ:トキめく訪問リハビリテーション 〜その扉を開けたあなたへ〜
URL:http://www.houmonreha.org/niigata/

固定リンク | 2019年03月22日【511】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [29]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会