HOME > その他の研修会(県外)

その他の研修会(県外)

最近の記事

九州ハンドセラピィ研究会 主催 第 10 回 九州ハンドセラピィ研究会学術集会 開催のご案内

新緑の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃より九州ハンドセラピィ研究 会の活動でご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、本研究会では、ハンドセラピィにおける学術的交流と研鑽を目的に第 10 回学術集 会を下記の如く長崎県長崎市において開催致します。
本学術集会が、九州地区はもとより中国・四国地区におけるハンドセラピィの発展と、知識・ 技術の向上と共に学術的交流の場となれば幸いであります。
皆様におかれましては、奮って演題へのご応募および学会へのご参加を賜りますようお願い 申し上げます。
第 10 回九州ハンドセラピィ研究会学術集会 会長 堀 泰輔

日時:2019 年 2 月 16 日(土) 9:00〜(仮)
会場:良順会館 ボードインホール 長崎県長崎市坂本 1-12-4
内容:<特別講演> 辻本 律 先生(長崎大学病院 整形外科 手外科専門医)
   <記念講演> 大山 峰生 先生(新潟医療福祉大学 作業療法学科 教授) (日本ハンドセラピィ学会 理事長)
   <教育講演> 杉野 美里 先生(貞松病院 理学療法士 認定ハンドセラピスト)
   <その他> 一般演題,ランチョンセミナーなど
■同日「第 40 回九州手外科研究会学会」開催予定(同会場)
■詳細は九州ハンドセラピィ研究会 HPhttp://kyushuhand.com/まで。 (随時更新予定)

事前申し込み
2018 年 11 月 20 日〜2019 年 2 月6日

【学術集会事務局】
いまむら整形外科医院 理学療法士 堀 泰輔
TEL:095-856-2880 E mail: kyushuhand.10nagasaki@gmail.com

固定リンク | 2018年12月13日【505】

平成30年度(第13回) 九州作業療法士会長会主催合同研修会 リーダー育成研修会のご案内

師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 近年メディアにおいても取り上げられることの多いことの一つに「災害」が挙げられます。北海道での地震、岡山県の豪雨被害においても多くの方が被災されております。九州においても、地震や豪雨が発生しており、今年7月にも豪雨が発生し、九州でも多くの被害が報道されておりました。
 こうした災害が多く報道されるようになってきた中、作業療法士も被災地の支援等に関わることが増えてきていると思われます。そのような中、昨年、本研修会では「災害」をテーマに災害対策の基礎や実際の支援について研修会を行いました。今年度も引き続き「災害」をテーマに研修会を実施する運びとなりました。
 今回の研修会では、過去に起きた災害の中での活動から学ぶ、ということを目的に阪神淡路大震災、雲仙普賢岳の噴火の際にどのような活動が行われていたのか、実際に活動を行われた経験をお話ししていただき、また、実際に災害が発生した場合にどのように動くのか、避難所でどのように関わるのかということをお話ししていただく予定となっております。領域にかかわらず、現場で動くためのヒントを学ぶことができると考えております。多数のご参加をお待ちしております。
敬具
◆主催:九州作業療法士会長会
◆内容:第一日 平成31年1月26日(土)14:00〜17:30(13時30分受付開始)
    テーマ「災害現場での活動 過去の体験から」 
       「本部運営とロジスティックの実際〜岡山JRATでの活動を通して〜」
   
 第二日 平成31年1月27日(日)9:20〜12:30(9:00受付開始)
    テーマ「災害時リハ対応としてどのように動くのか〜心構えから心のケアまで〜」
       「グループワーク 避難所運営ゲーム〜HUGを通じて〜」

    講 師 長尾 哲男 先生(フリーランス)
        溝口 諒  先生(医療法人尚愛会 西田橋有馬病院/鹿児島県作業療法士協会)
◆会場:アイネス 大会議室  〒870-0073 大分県大分市東春日町1番1号
    TEL097-534-4034(会場への直接の電話はご遠慮ください)
◆参加資格:日本作業療法士協会会員および各県士会員であり30年度以前の協会会費納入者
◆参加費:1000円
◆ポイント:生涯教育基礎ポイント4ポイント(1日目・2日目各々2ポイントずつ配布)
◆定員:60名
◆懇親会:平成31年1月26日 場所:大分市内 会費5000円程度(19時00分開始予定)
◆申込期限:平成31年1月12日
◆申込先:別紙送信用紙に必要事項を記入の上FAXまたはメールにてお申し込みください

送信先:九州保健福祉大学保健科学部作業療法学科 田中 睦英
FAX:0982-23-5693 Mail:mtanaka@phoenix.ac.jp

固定リンク | 2018年12月12日【504】

OTの方向け☆発達協会主催2019年「春のセミナー」開催のご案内

2月2日(土)
 B あそびを通した発達支援-ソーシャル・スキルと感覚を中心に
集団の中で自分をコントロールする、ルールを守るといったソーシャル・スキル。ソーシャル・スキルの獲得に困っている子どもはいませんか?このセミナーでは、ソーシャル・スキルを育てる遊びを事例とともに紹介します。またさまざまなあそびに取り組む上での基礎となる体の育ちと感覚の問題についての講義も設けました。明日からの実践に活かせるヒントが満載です。
1.感覚統合の視点から見た、からだの育ちと感覚の問題
  立川清美(大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科/作業療法士、日本感覚統合学会認定講習会インストラクター)
 2.子どもたちが困っていることと、その背景-ソーシャル・スキルの視点から 
   大畑豊(子どもの心と発達の相談ルームここケット/臨床心理士)
 3.ソーシャル・スキルを育てるあそび-学童期を中心に
   大畑豊(子どもの心と発達の相談ルームここケット/臨床心理士)

2月17日(日)
 H 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ・過集中」のメカニズム
 集団の中で話を聞けない、はじめたことを最後までできない、忘れ物が多いといった子どもがいます。一方、好きなことには何度話しかけても気づかない集中できることも。彼らの行動の背景にある特性は何なのでしょうか?彼らの特性をプラスに変える視点を忘れないよう心がけつつ、特性の理解と教育的な対応、配慮、また医学的な視点からも学びたいと思います。
1.注意・集中のコントロールが弱い子への支援-不注意の要因と基本となる対応
  長澤正樹(新潟大学/上級教育カウンセラー・ガイダンスカウンセラー・特別支援教育士SV)
 2.注意・集中のコントロールが弱い子への支援-アセスメントから導く支援の実際
  長澤正樹(新潟大学/上級教育カウンセラー・ガイダンスカウンセラー・特別支援教育士SV)
 3.ADHDの不注意/過集中とは-ADHDのよい点も含めて
   今村明(長崎大学/精神保健指定医・精神保健判定医・日本精神神経学会専門医、指導医・日本児童青年精神医学会認定医・臨床遺伝専門医・日本医師会認定産業医)

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15〜16:20
《定員》各80名〜250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))

固定リンク | 2018年12月11日【503】

一般社団法人 日本離床研究会主催教育講座のご案内

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座 
自分の脳も変えられる脳卒中セミナー
日時:2019年1月19日(土)14:30-19:00
2019年1月20日(日)9:40-16:10
会場:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10 地下鉄天神駅より徒歩)
講師:山田 拓也 先生 (函館五稜郭病院)、飯田 祥 先生 (日本離床研究会 学術研究部)
受講費:2日間 一般 19,800円(税込)会員 16,800円(税込)
内容:脳の中身がよく見える 脳卒中リハビリテーションを劇的に変える9つのポイント
1 脳圧管理と血管支配領域からヒモ解く脳神経の基礎
2 画像を診れば病態がわかる!-CT・MRI・血管造影の読影法-
3 離床のリスクを予測しよう 原疾患から導く検査データ統合の仕方
4 肩関節亜脱臼・褥瘡・誤嚥性肺炎など、合併症をシャットアウトする片麻痺患者ポジショニングのポイント
5 脳出血・脳梗塞・くも膜下出血 疾患別にみた早期介入のタイミングと離床の進め方
6 ベテランから学ぶ!離床していい症例・悪い症例の相違
7 実は病態を悪化させているかも!?脳卒中患者の離床NG集
8 現場じゃ聞けない!リハスタッフの想いを知ってもらう・看護師の気持ちを知ろう(対談形式)
9 急性期脳卒中リハにありがちなトラブル対策
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
リハビリ・看護ケアに活かす臨床画像判読講座
日時:2019年1月26日(土)10:00&#12316;16:10
会場:天文館ビジョンホール(鹿児島市東千石町13-3)
講師:飯田 祥 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:一般 12,800円(税込)会員 9,800円(税込)
内容:「画像を確認しておけば良かった・・・」後悔する前に学ぶべき画像判読のポイント
本講座では整形・脳神経・呼吸・循環各疾患の画像所見判読に必要な情報をベテランがポイントを絞って解説します。レントゲンとCT、レントゲンとエコーなど複数の所見を併せて解釈する方法を学べば、読まず嫌いを解消できること間違いなし!
1.まずはおさえよう!画像読影の基礎
2.各診療科画像読影のポイント(整形・脳神経・呼吸・循環)
3.画像所見から考える離床の可否の見極めと予後予測-症例供覧-
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
しまった!ワタシこれ見落としてた!!
2度同じ失敗を繰り返さないための血液データ判読講座
日時:2019年2月16日(土)10:00-16:10
会場:沖縄産業支援センター(沖縄県那覇市小禄1831-1)
講師:曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:一般 9,800円(税込)会員 8,800円(税込)
内容:「語呂合わせ」と「しくじり経験談」から学ぶデータ判読と離床のリスク管理
離床を成功させる究極の3ステップ
3大特徴
疾患別に!・・・疾患別に傾向をみていくからスイスイ身に付く!
数値をしぼって覚えて・・・覚える数値は1パラメーターにつき1つだけ!
臨床に応用する!・・・実際のあるある話に当てはめるから忘れない!
1.血液データ判読の基礎
  この言葉の意味を説明できますか?-血算・血清・血沈・血漿-
2.疾患別データ判読のポイント
・肺炎/感染(WBC・CRP・ESRほか)
・外科周術期/整形術後/貧血(Hb・PLT・APTT・Dダイマーほか)
・腎機能障害/脱水/透析(BUN・Cr・Ht・Pほか)
・心不全/動脈硬化/心筋梗塞(BNP・K・CPKほか)
・脳血管障害(Na・PT‐INRほか)
・糖尿病(BS・HbA1cほか)
・低栄養/褥瘡(ALB・Tf・Znほか)
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
苦手を克服!循環機能の評価と早期離床
日時:2019年2月17日(日) 10:00-16:10
会場:沖縄産業支援センター(沖縄県那覇市小禄1831-1)
講師:徳田 雅直 先生(昭和大学横浜市北部病院 リハビリテーション室)
受講費:一般 9,800円(税込)会員 8,800円(税込)
内容:「知らなかった・・・」ではもう遅い。臨床で必須の知識を集中講義
1.循環機能をトータルで捉えるための基礎トレーニング
2.何が原因?循環機能不安定の原因を探る
3.くり返し法で循環の苦手用語を克服するシュミレーションスタディ
4.実際の症例から学ぶ循環評価と離床可否の判断
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
最新エビデンスに基づく 整形外科領域の看護ケアとリハビリテーション
-臨床に即したQ&Aから学ぶアプローチの基礎-
日時:2019年2月17日(日)10:00-16:10
場所:福岡商工会議所(福岡市博多区博多駅前2-9-28 JR博多駅より徒歩)
講師:中木 哲也 先生(たにぐち整形外科クリニック)
受講費:一般 12,800円(税込)会員 9,800円(税込)
内容:臨床での生の疑問にエビデンスで応える集中プログラム
1 まずはここを押さえよう 外傷性骨折
2 予防とリスク管理が重要!変形性膝関節症
3 トラブルは起こさない!変形性股関節症
4 必見!がんの骨転移と臨床の判断
5 これが知りたかった!臨床疑問集
ドレーン・創部処置・DVT予防・体重管理・鎮痛薬 ほか
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585


○一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座
苦手を克服!酸素療法・人工呼吸器の基礎と呼吸アセスメント
日時:2019年2月20日(水)10:00-16:10
会場:長崎県建設総合会館(長崎市魚の町3-33)
講師:曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
受講費:一般 9,800円(税込) 会員 8,800円(税込)
内容:メディカルスタッフ必須の知識をすべて “臨床のコツ”で学ぶ実践プログラム
1.X-P画像から理解する呼吸の解剖・生理
2.酸素療法と加湿
3.複雑な計算はしないで理解する血液ガスデータの読み方
4.人工呼吸器の基礎知識
5.NIPPVの基礎知識
6.無気肺・肺炎を予防するための体位変換・離床
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

固定リンク | 2018年12月07日【502】

「学童保育 訪問コンサルタント実践作業療法士 育成研修プログラム」のご案内

佐賀県作業療法士会こども支援委員会は、平成 29 年度より佐賀県内の放課後児童クラブへの訪問コンサルタントを 行い、児童がクラブでより快適に過ごせるよう支援しています。コンサルタントでは、1 箇所のクラブを 2〜3 名の作 業療法士が 3 回訪問し、実際の様子を観察した後、環境調整や接し方などを提案しています。これに携わる作業療法 士は病院勤務者が殆どなので、派遣者確保に悩まされています。今後、ニーズが県内各地に広がっても対応できる作 業療法士の育成が急務となっています。
そこで、標記研修を企画致しました。本研修は基礎コースと実践コースで構成しています。
基礎コースでは、放課後児童クラブに訪問コンサルタントを実施する上で必要となる知識、作業療法士として求め
られること、発達障がいをもつこどもの理解とその対応、訪問コンサルタントの実際を講義します(訪問コンサルタ
ント未経験の方は必修研修として位置付けます)。
実践コースでは、他県での作業療法士訪問コンサルタント実践例、その効果、放課後等デイサービスにおける作業
療法の実際、訪問コンサルタントを地域包括ケアシステム構築に活かす術を講義します。訪問コンサルタント派遣作 業療法士育成だけを目的とせず、地域に貢献できる作業療法士育成につながることを望み企画しています。
多くの方のご参加をお待ちしております。

日時:平成 31 年 2 月 9 日(土)【基礎コース】9:45~16:30(9:15~受付)
           10 日(日)【実践コース】9:30~16:30(9:00~受付)
会場: 佐賀県在宅生活サポートセンター
(佐賀県佐賀市神野東2丁目6番1号)
参加費:3000 円(両日参加を原則とします)
   ※1 日のみ参加の場合も 3000 円徴収いたしますので、ご了承ください。
講師:糸山 智栄(岡山学童保育連絡協議会)
   吉川 法生(仙台青葉学院短期大学リハビリテーション学科 学科長)
   石橋 裕子(佐賀県放課後児童クラブ連絡会 理事長)
   森川 芳彦(岡山県作業療法士会理事)
   江渡 義晃(佐賀県作業療法士会 子ども支援委員 委員長)
   倉冨 みどり(佐賀県作業療法士会 子ども支援委員 副委員長)
   井手 啓介(佐賀県作業療法士会 子ども支援委員 副委員長)  
   百崎 尚美(佐賀県作業療法士会 子ども支援委員)
   溝上 友喜(佐賀県作業療法士会 子ども支援委員)
申し込み締め切り:平成 31 年 1 月 11 日(金)
申し込み及び問合せ先: 西九州大学リハビリテーション学部 仙波梨沙 宛
FAX:0952‐51‐4481 E-mail :semba_ot@yahoo.co.jp
下記に必要事項をご記載の上、FAX またはメールにてお申し込みください。

※スケジュールやお申し込み等の詳細は添付の資料をご参照下さい

固定リンク | 2018年12月06日【501】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [27]

- 管理用 -

このページの先頭へ


コンテンツはここまで

© Miyazaki Occupational Therapists Association All rights reserved. 一般社団法人 宮崎県作業療法士会